血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイド

MENU

血管はサプリで修復し若返りさせる

乱れた食生活や不規則な生活習慣を送っていると気になるのが自分の血管年齢です。血管が詰まって血流が悪くなると、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気を引き起こすリスクが上がります。

 

血管年齢を下げる方法としては、以下4点があげられます。

  1. 食生活の改善する
  2. 適度な運動する
  3. 禁煙する
  4. コレステロール(中性脂肪)を改善する

 

当サイトではそれぞれを詳細に解説していきますが、まず結論として!血管年齢をサプリで若返らせることをおすすめします。

 

 

その理由としては、「毎日の食事で血管年齢を下げる為に必要な栄養素を摂取するのは難しいから」です。

 

血流が滞りがちになる原因には、食生活の欧米化が大きく関係しています。肉料理が多くなり魚料理を食べる機会が少なくなると、血管に脂肪が付きやすくなります。

 

「サプリメント」では、青魚に多く含まれる「DHA」と「EPA」のオメガ3脂肪酸を高配合し、1日必要な摂取量を補うサポートをしています。

 

厚生労働省は、DHA・EPAの必要摂取量は1日1,000mgと推奨しています。しかし、この必要摂取量を食事から補うことはなかなか難しく、どの世代でも十分な量を摂取できていないのが現状です。

 

サプリで1日の必要摂取量の半分を補うことができれば、残りの半分は食事から摂取することが十分に可能です。

 

私がおすすめする血管年齢を下げるサプリメントは「きなり」です。なぜ、おすすめなのか?その理由は「きなりの詳細はこちら」をご覧ください。

 

 

きなりの特徴

  • DHA・EPA500mg高配合
  • 世界が注目の新素材クリルオイル
  • ナットウキナーゼ
  • 特殊製法により魚臭さがしない
  • 2年連続モンドセレクション最高金賞受賞

価格 初回1,980円
備考 1袋120粒入り(1日4粒目安で約1か月分)
評価 評価5
きなりの総評

「きなり」は累計販売46万袋以上という実績を持つサプリメントで、2015年・2016年の2年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞しています。

このサプリメーカーでは日本古来の健康習慣を取り戻すため、他の類似品にはない日本一のDHA・EPAサプリを開発しました。

メーカーが先ず最初にこだわったことが、結果と実感が得られるサプリであることです。そのためには、DHA・EPAを高濃度で配合させることが大切と考え、4粒で500mg分が摂取できるようにしたのです。

DHA・EPAを配合したサプリメントは他にも多く販売されていますが、それらは多くても4粒あたり300mg程度で、中には4粒飲んでも125mgしか摂取できない商品もあります。

DHA・EPAは、ただ多く配合されていれば良いわけではありません。これらオメガ3は、脂肪酸の中で最も酸化しやすいとされています。そのため、本来の効果を得るためには酸化させることなくそのまま吸収することが求められます。

メーカーでは、これまでの開発において何百種類にも及ぶ成分を研究し、これまでの魚油とは全く異なるオイルを見つけ出しました。それがクリルオイルです。

クリルオイルとは、南極に生息するオキアミから抽出される真っ赤なオイルで、一般的な魚油とは違い、酸化しにくく新鮮さを維持しやすい形状となっています。それでいてDHA・EPAが豊富でそれらが持つ本来の力を損なうことがない、素晴らしいオイルなのです。

クリルオイルの赤い色素は、アスタキサンチンと呼ばれるカルテロイドの一種によるものです。このアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があることが分かっており、その効果は同じ抗酸化作用を持つビタミンEの1000倍と言われています。

これにより、繊細なDHA・EPAを傷付けることなくそのままの状態を保つことができるのです。このサプリにはクリルオイルのDHA・EPAのほか、納豆に含まれる血液サラサラ成分のナットキナーゼも豊富に含まれおり、このW効果で血管年齢を下げる効果が期待できるのです。

 

DHA&EPAオメガプラス

DHA&EPAオメガプラスの特徴

  • 亜麻仁油を120mg配合
  • クリルオイル15mg
  • 深海鮫肝油
  • オリーブスクワレン

価格 1,851円
備考 120粒で1日4〜6粒で20〜30日分
評価 評価4
DHA&EPAオメガプラスの総評

DHA&EPAオメガプラスは亜麻仁油を配合したDHA・EPAサプリメントで、100gあたりのオメガ3系脂肪酸の量は738mgの高配合となっています。

亜麻仁油は、亜麻の種子から抽出した油で動脈硬化や高血圧、心疾患などを予防するオメガ3系脂肪酸の一種「α-リノレン酸」が豊富に含まれています。 その量はオリーブオイルの50倍以上とも言われています。さらに亜麻仁油には、リグナンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれており、抗酸化作用や抗炎症作用などがあります。

また、DHA・EPAを豊富に含むクリルオイルには、アスタキサンチンと呼ばれる赤い色素が含まれています。この色素は、デリケートなDHA・EPAを保護する働きをしているため、酸化することなくそのままの状態で摂取することができます。

DHA&EPAオメガプラスには、クリルオイルのアスタキサンチンの他に、ヘマトコッカス藻のアスタキサンチン色素も含まれているので、その抗酸化作用は他のサプリよりも高くなっています。そんなDHA&EPAオメガプラスは、1日4粒〜6粒を目安に飲むことで必要な摂取量の半分以上を補うことができます。

 

血管年齢を下げる為には

いつまでも健康で長生きできれば良いと思いませんか。しかし、もしかしたら、今のままでは健康な状態ではいられなくなるかもしれません。健康診断の時に、何か医師から指摘されたことはありませんか。

 

いろいろな検査をやりますので、加齢とともに何らかの指摘を受けやすくなります。中でも気を付けたいことは血管年齢です。血管も加齢とともに状態が変わってしまいます。血管が変わるとはいったいどのようなことでしょうか。

 

血管が変わってしまう影響とは?

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイド

若い人の血管はしなやかで弾力があります。しかし、加齢などによって弾力がなくなってしまいますし、硬くなってしまいます。

 

加齢が原因なら仕方がないと思うかもしれませんが、他にも原因はあります。だから、若い人も気を付けないといけません。

 


 

喫煙はやはり良くありません。タバコにはニコチンが含まれているのですが、これが血管に悪影響を及ぼしてしまいます。しかも、タバコには血管を収縮させる働きもあるので、血管にとって良いことがないと言っても良いでしょう。血管が収縮してしまえば、血圧が高くなるので、血管がボロボロになってしまうかもしれません。かなり血管に負担をかけることになります。ヘビースモーカーの人であれば、血管の状態がかなり悪くなっているかもしれません。これだけ悪いことだらけですから、喫煙している人は、すぐにでも禁煙したほうが良いです。

 

喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

 

すでに、健康診断で異常が見つかっているのならばなおさらです。タバコに含まれているニコチンは依存症にもつながるために、なかなかやめられない人も多いです。どうしても自分の力だけでは難しいと思ったら、医師に相談することをおすすめします。良い治療法がありますから、早めに治療を開始しましょう。

 

喫煙していなくても血管の状態が悪くなっている人はいます。喫煙以外にも考えられる原因はいくつもあります。

 

血管年齢を高めてしまう食生活とは?

 

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイド

食事はとても重要です。普段、どのような食事をしているでしょうか。高血圧になるような食事内容は決して良いことではありません。

 

血圧が高いということは、喫煙と同じように血管にかかる圧力がとても高くなっているので、どうしても血管が傷つきやすくなってしまいます。

 


 

塩分に気を付けないとすぐに高血圧になってしまうかもしれません。濃い味付けが好きな人は特に気を付けてください。お寿司を食べるときには、必ずネタだけではなくシャリにもたっぷり醤油を付けるような人は、かなり塩分の摂取量が多いはずです。

 

お寿司だけではなく、他の食べ物でもかなり醤油や塩などを使っているでしょうから、調理を工夫するなどして塩分をあまり摂らないようにしてください。

 

摂り過ぎてしまった塩分を体外に排出することも重要です。カリウムには、塩分を体外へ排出する効果がありますので、カリウムが入っているバナナやコーヒーなどを食べたり飲んだりすると良いでしょう。もちろん、これらを過信するのは良いことではないので、日ごろから塩分を摂取しすぎないようにしてください。

 

血管年齢を下げるおすすめの方法は生活習慣を見直すことです。以上のように喫煙をやめたり、食事を気を付けることはとても重要なことです。

 

血管年齢を若返らせる食べ物

 

生活習慣の改善による血管年齢の改善法

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイド

他にも、適度な運動を行うようにすると良いでしょう。きつい運動の場合は血管が収縮されてしまうので、適度な運動にしたほうが良いです。ウォーキングやヨガ、ストレッチなど運動が苦手な人でも取り入れやすい運動はたくさんあります。

 

有酸素運動を行うことがポイントです。適度な運動をすることで、プラジキニンという物質が増えます。プラジキニンには、一酸化窒素を増やす働きがあり、血管を拡張してくれます。血管が広がることで、血流が良くなれば、老廃物を体外に排出することができます。

 

血管年齢を若く保つための運動や食生活

 

このような方法で血管年齢を下げることもおすすめですが、人気がある健康食品を取り入れるのも良いかもしれません。

 

サプリメントであれば、毎日飲み続けやすいので、より血管を若返らせやすいのではないでしょうか。すでに、サプリメントを飲む生活をしている人であれば、飲み忘れにくいはずです。

 

いろいろなサプリメントがありますが、DHAやEPAが入っているサプリメントを飲んでみてください。これらには、血管の柔軟性を保つことができますし、血液中の脂質のバランスを整える働きまであるので、血管が若返る効果が期待できます。

 

もちろん、食事で血中のコレステロールを下げたり、中性脂肪を減らすことも大事です。肉類が好きだったり、油っこいものを好んで食べる人は、なるべくこれらを減らして、野菜中心の食生活に変えてみてください。

 

糖やコレステロールをなるべく体内に吸収しないようにしたいので、食物繊維の多い野菜を食べたほうが良いです。食物繊維を摂取することで、食物繊維が糖やコレステロールを体内に吸収されるのをブロックしてくれるからです。

 

完全にブロックすることはありませんから、やはり肉類や甘いものなどをたくさん食べてしまうと血液も血管の状態も悪くなってしまいます。

 

食事の最初に野菜を一皿食べてみてください。洋食では前菜でサラダが出てきますが、これは理にかなっています。最初にサラダを一皿食べてから食事を始めれば糖や脂質などを吸収しにくくなります。しかも、血糖値を急激に上げなくて済むこともできます。野菜を先に食べることはとても体に良いことだったのです。

 

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイド

これだけいろいろな方法で血管年齢を下げることができますが、どれも1日で終わらせないでください。せっかく人気のサプリメントを買ったのに、飲み続けなかったら血管の状態はいつまでたっても改善されません。どれも継続しないといけません

 

喫煙する人にとって、禁煙はとてもつらいことかもしれませんが、禁煙は特に行ったほうが良いです。また、運動不足も血管を老けさせる要因です。デスクワークなどあまり体を動かす機会がない人には難しいことかもしれませんが、健康のためには適度な運動は取り入れてください。これらは、どれも人気があります。

 

一度に全部を取り入れることが難しくても、徐々に取り入れていけばつらく感じなくて済むはずです。時には医師の力を借りる必要があるかもしれませんが、できることから始めて、健康な血管を取り戻しましょう。