血管が硬くなる動脈硬化の原因とは

MENU

血管が硬くなる動脈硬化の原因とは

血管が硬くなる動脈硬化の原因とは

動脈とは心臓から押し出される血管のことをいい、頭のてっぺんから足の指先といった体のすみずみにまで酸素や栄養を運ぶ役割を担っています。動脈が若く健康な状態であれば、弾力性を持ちゴムのようにしなやかです。

 

それが、加齢や動脈内の様々な物質が沈着することによって、狭くなってしまったり、弾力性が失われて硬くなってしまうことがあります。その状態のことを動脈硬化といいます。自然に年齢を重ねることでも引き起こされますが、その他にも食事や運動不足、喫煙、飲酒、ストレスといった生活習慣が大きく影響すると言われています。

 

動脈硬化の最大の原因は、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の増加にあります。血液中の悪玉コレステロールは、血管の壁に入り込むという性質を持っています。壁に入り込んだ悪玉コレステロールは、活性酸素によって酸化され酸化LDLに変化します。

 

酸化LDLが増えるとそれを処理しようと今度は白血球が壁に入り込み、マクロファージという状態に変化します。そして、マクロファージは酸化LDLを取り込むのですが、その後は死んでしまいます。その残骸や残ったコレステロールなどがプラークと呼ばれるコブのような塊をつくるので、スムーズに血液が流れない状態になってしまいます。これが直接的な原因です。実は、動脈が硬くもろくなるだけでは大きな問題にはなりません。

 

しかし、このコブのような塊が何らかの刺激によって破れてしまうと、それを修復しようと血小板でかさぶたが作られます。これが血栓と呼ばれるもので、血栓ができて血流が完全に妨げられてしまうと、その先の組織に酸素や栄養が行かなくなってしまいます。

 

体の中の動脈であればどこでも起こりうるので、冠動脈や頸動脈、脳動脈といった重要な動脈で起こった場合には、脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な病気を招くこともあるため大変危険です。

 

動脈硬化を引き起こす危険因子には、次のようなものがあります。まず、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪の量が多すぎたり、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少なすぎたりする脂質異常症(高脂血症)です。

 

脂質異常症は一般的に、高カロリーで高脂肪の食生活や運動不足によって引き起こされる生活習慣病の1つです。ごく稀に遺伝による脂質異常症もあります。脂質異常症の自覚症状はほとんどないため、健康診断などの血液検査によって指摘されて気が付くケースがほとんどです。

 

脂質異常症の改善する方法

脂質異常症を改善するには、食事療法が基本になります。食事で摂取するエネルギーの量が多いと、余ったエネルギーが中性脂肪となり血液中のコレステロールも増えてしまいます。

 

そのため、1日に摂取するエネルギーを適正な量に抑え、栄養バランスが整った食事に変える必要があります。動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸は摂りすぎるとコレステロール値が高くなってしまうので、脂質は魚や大豆などの植物性のものから摂るようにします。コレステロールの吸収を抑える働きを持つ食物繊維を多く摂るようにすると効果的です。

 

次に、基準値よりも血圧の高い状態が続く高血圧があります。血圧が上昇すると、血液の圧力のため血管がもろくなってしまい、悪玉コレステロールを吸収しやすくなってしまうからです。

 

高血圧を防ぐには脂質異常症と同様にバランスの良い食生活にすることが欠かせません。塩分が高い食事だと高血圧になってしまいますので、薄味にして塩分控えめの食事にする必要もあります。

 

飲酒は一時的に血流を良くし血圧を下げる効果もありますが、飲みすぎは反対に血圧を上げてしまいます。そのため、適度な量に控えることが必要とされています。

 

また、適度な運動も大切です。ウォーキングやスイミング、サイクリングといった有酸素運動が効果的とされています。筋トレや短距離走などの無酸素運動は、血圧を上げてしまうので高血圧には適していません。

 

それから、糖尿病や糖尿病になる一歩手前の糖尿病予備軍もあります。糖尿病を予防するには、脂質異常症や高血圧と同様にバランスのとれた食事や運動が基本になります。特に緑黄色野菜は糖尿病になるリスクを減らすことができるとされているので、積極的に食べたい食材です。

 

それと、もずくなどに含まれるフコイダンという成分には、コレステロールを排除して血糖値の上昇を抑える働きがあると言われています。また、よく噛まずに食べる早食いは急激な血糖値の上昇を招きますので、よく噛んで食べることも重要です。

 

血管年齢を若く保つための運動や食生活

 

その他にも、喫煙やストレスなども原因になります。喫煙そのものが悪玉コレステロールを増やすことにはなりませんが、悪玉コレステロールが壁に入り込みやすくなります。また、善玉コレステロールの減少にもつながってしまいます。

 

本人がタバコを吸わなくても、家族や親しい友人の吸う副流煙を吸っている場合もありますので注意が必要です。ストレスもコレステロールの増加につながると言われています。出来る限りストレスを発散できる環境を整えることも大切です。

 

喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法


血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?

関連ページ

若返りには血管年齢が重要
誰だって人には若いって思われたいし、綺麗だって言って欲しい。そんな若々しさと非常に密接な関係がある血管年齢の重要性について解説しています。
血管年齢とは何でしょう
エイジングケアに非常に重要な要素である血管年齢って言葉をご存知ですか?重要なキーワード血管年齢とはどういうことを表しているのかわかりやすく解説しています。
血管年齢の調べ方や自分でチェックする方法とは
血管年齢が若さを保つために重要、では自分の血管年齢はどうなっている?そんな気になる血管年齢を自分でどうやってチェックすれば良いのかを解説しています。
血管年齢と血圧の関係とは
血管年齢は若さをキープする重要な要素だって知っていましたか?その健康にも大切な要素、血管年齢と血圧の関係はどれくらい深いのか、わかりやすく解説しています。