血管年齢とは何でしょう

MENU

血管年齢とは何でしょう

血管年齢とは何でしょう

「血管年齢」、「動脈硬化」という言葉は、誰もがよく耳にするでしょう。でも、具体的にどんな意味なのか正確に理解している人は、あまりいないのではないでしょうか。まずは、血管年齢とは何かについて、きちんとした知識を持っておいてください。

 

健康診断などでも、よく耳にする言葉ですよね。これは、血管の老化の度合いを表す目安となる指標です。高ければ動脈硬化が進行していることを意味しますし、低ければ動脈硬化はあまり進行していないということを意味します。

 

動脈硬化というのは、血管の老化などによって、血管が硬くなったり、血管がつまったりして、血管内の血液の流れが滞ってしまっている状態をいいます。

 

 

血管の年齢と動脈硬化は別ものではありません。血管の年齢は、動脈硬化の進行の度合いを表しているということになります。血管の年齢が高いという診断を受けたなら、つまりは動脈硬化が進行しているという意味になります。

 

血管の年齢が若いと診断された場合には、動脈硬化の進行はそれほどは進んでいないということになります。では、血管が老化する原因は何でしょう。主要な3つの原因としては、高血圧、高血糖、中性脂肪やコレステロールが高いといったことなどです。

 

高血圧になると、血が勢いよく血管内を巡るので、血管に負担をかけてしまいます。これが動脈硬化を促進させることとなり、血管を老化させてしまうことになるのです。高血圧になる原因は、代表的なところでは、糖質や塩分の摂り過ぎやストレス、タバコ、肥満などが挙げられます。

 

動脈硬化予防の方法

 

糖質をとり過ぎる方は、食事の時には、野菜から食べましょう。野菜から食べることで、血糖値の急上昇を抑えることができます。それによって動脈硬化を予防することができます。更に、野菜から食べることで中性脂肪やコレステロールまでも改善できる場合があります。食事の時には、野菜から食べるということを心掛けて下さい。

 

そして、動脈硬化を予防し、血管を若く保つには、糖質を減らすことが大事です。また、野菜を多く摂ることで、細胞の新陳代謝に必要なビタミンやミネラルを摂取できます。加えて、タンパク質もしっかり摂って血管を丈夫にしましょう。血管が丈夫なら、動脈硬化も進行せずに済みます。

 

また、塩分を摂り過ぎな方は、塩分を過剰に摂取すると、動脈硬化が促進してしまいますので注意が必要です。塩分を摂ることで高血圧になりますし、それによって血管を傷つけてしまうこともあるからです。

 

塩分そのものが血管を酸化させて、動脈硬化を促進させてしまうともいわれています。血管を健康に保つには、塩分を過剰に摂取するのはやめましょう。上手に減塩することで、食事を美味しく楽しむこともできますので、出汁やハーブで旨みを出すなどして料理の際には工夫してみて下さい。

 

ストレスも血管を老化させる原因になります。イライラしたり、興奮すると交感神経を強く刺激してしまいます。そのことによって、血圧が急上昇してしまうので、血管はストレスからも悪影響を受けてしまうのです。自分なりのストレス発散法を見つけて、できるだけストレスを溜めない様にしましょう。

 

また、腹式呼吸をすると、ストレスを軽減することができます。腹式呼吸をすれば、リラックスしたときに優位になる副交感神経が働くからです。タバコは、動脈硬化を促進するもっとも大きな要因といわれます。

 

喫煙者の方は、すぐにでもタバコをやめた方が良いのです。何故タバコを吸うことで動脈硬化が進むかといえば、タバコを吸うと、血管が収縮し、血圧が上昇することで高血圧になるからです。高血圧は血管を傷つけて、動脈硬化を促進させてしまいます。更にニコチンは、コレステロールを酸化させるのです。

 

コレステロールには、善玉と悪玉があり、血中に悪玉コレステロールが多いと動脈硬化が進行します。その悪玉コレステロール以上に悪影響を及ぼすのが、酸化コレステロールです。

 

酸化コレステロールは、超悪玉コレステロールとも呼ばれ、動脈硬化を急激に進行させてしまいます。ニコチンはこの酸化コレステロールを作りだしてしまうので、危険な成分といわれています。

 

タバコを吸う方は、なるべく早く禁煙した方が良いでしょう。禁煙外来を受診するなどして早めにタバコはやめましょう。血管年齢を若く保つには、糖質や塩分を摂取し過ぎないこと、脂質の多い食事や食べ過ぎにも注意しましょう。栄養のバランスにも気を付けると良いでしょう。

 

運動不足にならない様に。日常的に運動したりウォーキングしたりして適度に体を動かすことで、エネルギーを消費するとよいでしょう。そうしないと糖質の過剰摂取や肥満等で動脈硬化を進行させます。

 

そして、タバコは吸わないこと、ストレスは溜めないことが重要です。毎日の心掛けで生活習慣を見直し改善することで、血管を若く保つことも可能になります。これらは、日常的な積み重ねなので、ある程度続けなければいけません。

 

良い生活習慣が身につくまで頑張ってみてください。

 


血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?

関連ページ

若返りには血管年齢が重要
誰だって人には若いって思われたいし、綺麗だって言って欲しい。そんな若々しさと非常に密接な関係がある血管年齢の重要性について解説しています。
血管年齢の調べ方や自分でチェックする方法とは
血管年齢が若さを保つために重要、では自分の血管年齢はどうなっている?そんな気になる血管年齢を自分でどうやってチェックすれば良いのかを解説しています。
血管年齢と血圧の関係とは
血管年齢は若さをキープする重要な要素だって知っていましたか?その健康にも大切な要素、血管年齢と血圧の関係はどれくらい深いのか、わかりやすく解説しています。
血管が硬くなる動脈硬化の原因とは
血管年齢と血管の硬さは深い関係があるらしい…その血管が硬くなる動脈硬化の原因にはどんなものがあるのかなどについてわかりやすく解説しています。