若返りには血管年齢が重要

MENU

若返りには血管年齢が重要

若返りには血管年齢が重要

アンチエイジングや若返りを目指したときに肌の状態などを気にする人は多いですが、血管を気にする人は少ないと思います。血管にも年齢があり、その血管年齢によっては病気になりやすくなってしまいます。

 

血管年齢とは、文字通り血管の老化度合いの目安を指す指標のことを言います。血管の年齢が高いと動脈硬化が進んでいることも表しており、血管の年齢が低いと動脈硬化などの心配はないとされています。

 

動脈硬化とは血管が老化することなどによって、血管が硬くなることで様々な物質がたまり血管内が狭くなることや血流の流れが悪くなることを指します。血流の流れが悪いことは様々な弊害を出してしまいます。冷え性やコリ、よく眠れなくなったり、疲労感が抜けない、不妊症になってしまう可能性もあります。

 

それだけではなく、動脈硬化が進行すると心筋梗塞や脳梗塞などの病気のリスクも高まります。この血管の年齢を老化させてしまう原因は大きく三つあると考えられています。

 

血管年齢を老化させる原因とは

 

まず挙げられるのが高血圧です。高血圧になると血液が勢いよく出て行き血管内を巡ります。しかしこの勢いが血管に負担をかけてしまい、動脈硬化を促進させてしまい老化を促さ位ます。高血圧の原因は様々で、塩分の摂りすぎやタバコ、肥満などがあります。

 

高血糖も血管の老化を進めてしまいます。ある程度の糖分はエネルギーになるため必要ですが、必要以上の糖分を摂取してしまうとAGEsという老化を促進させる物質に変わってしまいます。高血糖になるとこの物質もたくさん生成されてしまい、動脈硬化を悪化させます。

 

中性脂肪やコレステロールが高くなるのも老化を促してしまいます。コレステロールには善玉と悪玉がありますが、特に悪玉コレステロールは血管に付着する性質があり動脈硬化につながります。善玉コレステロールは血管に付着して悪玉コレステロールを除去する必要があります。

 

中性脂肪が多くなることで善玉コレステロールは減ってしまい、悪玉コレステロールが増加します。すると悪玉コレステロールが体内で優勢になることによって動脈硬化は進行します。この三つの大きな原因を引き起こすのは生活習慣や食生活の悪さなどが原因です。

 

血管年齢の老化防止のための食生活の改善

 

まず簡単に行える血管の若返り方法としてあげられるのが食生活の改善です。

 

ポイントとしては、塩分や糖分を摂りすぎないようにする、野菜を多く取るようにしたり、脂質の多い揚げ物などは控えめにする、肉類ではなくなるべく魚を中心に食べるようにする、バターや生クリーム、チーズなどの乳製品の摂取は適度にすることなどが大切だとされています。

 

特に注意したいのが塩分と糖分の取りすぎです。塩分の取りすぎだと喉が渇いたり、高血圧になってしまいます。喉が乾くため水分を多く取るようになることでむくみに繋がってしまったり、長く塩分の過剰摂取を続けると高血圧症や腎臓疾患になってしまうリスクも高まります。

 

糖分の取りすぎはエネルギーの過剰摂取ということでもあります。過剰摂取することで余ったエネルギーは脂肪として蓄えられるようになり、肥満へとつながってしまいます。糖分だけではなく体内で糖分になってしまう炭水化物の摂り方にも注意が必要です。

 

どちらともすぐに減らすことは難しいですが、意識して減らしていくことが大切だとされています。また、栄養素はバランス良く摂取していくことは重要です。効果的なのが豆類、ゴマ、なるべく玄米の米、海藻類、野菜、魚、キノコ類、イモ類、ヨーグルトなどの発酵食品が若返らせるには効果的だと考えられており、これらをバランス良く摂取していきます。

 

生活習慣の改善で血管年齢の老化を防止

 

食事以外の生活習慣の改善としては運動を取り入れることが有効です。激しい運動を短時間に行うよりも、日頃から軽い運動を継続して行っていくことが大切です。毎日20分程度歩くことでも健康へとつながります。または、エレベーターやエスカレーターで移動しているところを階段を使って移動したり、駅を一つ前で降りて歩いてみたりするなどの軽いことから体を動かしていくことで体を運動に慣れさせることができます。

 

筋トレなどはきつい運動ですがヨガやウォーキングなどのゆっくり行える有酸素運動を行うことでアンチエイジングには十分に効果を発揮させることができます。ただし、継続して行っていくことが大切です。

 

また、喫煙の習慣も血管を老化させてしまう原因です。タバコには血管を収縮する働きがあり、収縮することで血圧が上がります。タバコに含まれるニコチンは血管を傷つける作用があるほか、コレステロールを酸化させてしまいます。酸化されたコレステロールは超悪玉コレステロールとも呼ばれており、動脈硬化を進行させます。それを避けるためにも、タバコを止めることが大切です。

 

このような習慣を続けていくほか、ストレスを溜めないようにしたり、質の良い睡眠を規則正しくとっていくことなども血管の若返りには必要となります。

 


血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?

関連ページ

血管年齢とは何でしょう
エイジングケアに非常に重要な要素である血管年齢って言葉をご存知ですか?重要なキーワード血管年齢とはどういうことを表しているのかわかりやすく解説しています。
血管年齢の調べ方や自分でチェックする方法とは
血管年齢が若さを保つために重要、では自分の血管年齢はどうなっている?そんな気になる血管年齢を自分でどうやってチェックすれば良いのかを解説しています。
血管年齢と血圧の関係とは
血管年齢は若さをキープする重要な要素だって知っていましたか?その健康にも大切な要素、血管年齢と血圧の関係はどれくらい深いのか、わかりやすく解説しています。
血管が硬くなる動脈硬化の原因とは
血管年齢と血管の硬さは深い関係があるらしい…その血管が硬くなる動脈硬化の原因にはどんなものがあるのかなどについてわかりやすく解説しています。