1. TOP
  2. 中性脂肪
  3. キクイモの効果・効能は?イヌリンを含む食材ランキングBEST10

キクイモの効果・効能は?イヌリンを含む食材ランキングBEST10

中性脂肪   1,733 Views

2018年2月6日放送の「たけしの家庭の医学」で中性脂肪を減らす効果が期待できる食材としてキクイモが紹介されました。

あまり耳慣れない方も多いかと思いますが、このキクイモという野菜に、中性脂肪を低下させると言われている水溶性食物繊維の一種、イヌリンが含まれています。

キクイモはどういった野菜なのか?そしてその効果は?キクイモ以外にどんな野菜でイヌリンを摂取できるのかなど、中性脂肪が気になる方は必見です。

Sponsored Link

中性脂肪は体に溜まりやすく減らしにくい!

定期検診などの血液検査項目にある

  • 血糖値
  • LDLコレステロール
  • 中性脂肪

この3つは、血管にダメージを与える3大要因と言われています。これらの異常を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞を発症して命を落とすこともあります。心筋梗塞、脳梗塞の月別死亡者数は、寒い1月~3月が年間でもっとも多く、注意が必要です。

そのなかでも特に気にしてほしい項目が、中性脂肪なのだそうです。

脂肪と血液の関係に詳しい東邦大学医学部 糖尿病・代謝・内分泌学分野教授 弘世 貴久教授によりますと、中性脂肪の高い患者さんの多くはコレステロールなどに比べ、薬だけでコントロールするのが難しく治療がうまくいかない患者さんがいるといいます。

弘世先生は糖尿病患者に対するインスリン治療を専門とする一方、脂質異常症の患者の治療を述べ10万人以上行ってきました。中性脂肪を減らす薬の効果を検証し、その新たな作用を生み出すなど、中性脂肪について30年以上研究してきた日本を代表する中性脂肪の名医です。

中性脂肪は体脂肪のおおもとになるものであり、中性脂肪が増えすぎると体脂肪として蓄積されてしまいます。

そもそも、中性脂肪が増える原因は、炭水化物や甘いものなど糖質の摂りすぎです。糖質自体は本来人間が生きて行くのに大切なエネルギーですが、

加齢による筋肉量の低下

エネルギーがあまる

中性脂肪として血液中に溢れてしまう

結果、身体中の脂肪が増えてしまうのだそうです。中性脂肪は、肝臓にこびりつけば脂肪肝に、心臓にこびりつけば心筋梗塞のリスクにもなってしまいます。

中性脂肪最大の難点は、体に溜まりやすく減らしにくいという点なのです。

溜まりやすい中性脂肪を効率良く減らす食材キクイモとは?

それでは、どうやったらこの溜まりやすい中性脂肪を効率良く改善できるのでしょうか。

番組で日本全国を徹底リサーチしたところ、溜まってしまった中性脂肪を効率良く減らしている町がありました。徳島県美馬市脇町です。この脇町で、中性脂肪が異常値でもおかしくない年代の50代から80代の15名に協力してもらったところ、中性脂肪が基準値内の方は15名中11名という結果になりました。

その中性脂肪の低い11名に共通する中性脂肪を減らす要因としてあがってきたのが、「キクイモ」という作物だったのです。

キクイモとは、キクイモという名前ではありますが、芋類ではなく、キク科でごぼうなどの仲間です。見た目は生姜にも似ています。春にタネを蒔くと、夏にはひとの背丈を超えて3mほどに成長し、秋には菊に似た黄色い花が咲きます。そして、冬にようやく収穫期を迎えるのだそうです。りんごのような食感で、噛んでいくと甘みが出ます。

キクイモは東京では流通していないようですが、徳島のほか熊本や長野などから通信販売で取り寄せが可能だそうです。

キクイモに含まれるイヌリンに中性脂肪を減らす効果が期待できる!?

弘世先生によると、キクイモには水溶性食物繊維の一種、「イヌリン」という成分が含まれており、これが「中性脂肪を減らす効果が期待できる」として医学会でも注目されているのだそうです。

ではイヌリンはどのように中性脂肪を減らすと考えられるのでしょうか?

中性脂肪が増えるのは、お菓子やジュースなどの甘い物、アルコールの摂りすぎが大きな原因です。しかし、中性脂肪が高い患者さんに糖質制限を指導するものの、実行するのが一番難しいといいます。確かに、甘いものやアルコールは好きだから食べているわけで、それを制限しなさいと急に言われてもなかなか難しいですよね。

イヌリンが中性脂肪を減らすとされる仕組みは、2つあります。

イヌリンが中性脂肪を減らす仕組み ➀

糖質が中性脂肪を増やしてしまう重要な鍵を握っているのが小腸です。

小腸の内部には栄養を吸収する穴がたくさんあります。食事で糖質を摂取した場合、糖は小腸で吸収されて血管へと運ばれますが、糖質を摂りすぎた場合には血管のなかに大量の糖が運ばれてしまいます。

そこでイヌリンが体の中に入るとどうなるのでしょうか。

イヌリンは、水分に混ざるととろとろのゼリー状になり、糖質を包み込みます。イヌリンが糖質を包み込むことによって、大きな塊となった糖質は小腸の穴からは吸収されず、大腸へと運ばれるのだそうです。小腸に残っている糖はゆっくり吸収されます。ゆっくり吸収されるぶんには、中性脂肪になりにくいのだそうです。

イヌリンが中性脂肪を減らす仕組み ➁

大腸に運ばれたイヌリンは腸内細菌の餌になります。このとき、悪玉菌のエサにはならず、善玉菌のエサになるのだそうです。乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が腸のなかで増え、さらに善玉菌が作る物質が中性脂肪の合成を抑制するといいます。

イヌリンを含む食材ランキングBEST10

中性脂肪を減らすイヌリンを多く含むとされるキクイモですが、なかなか手に入らない食材ですよね。イヌリンは野菜類に多く含まれているとされますが、ただ、最近(2018年2月現在)野菜は信じられないほどの高値が続いています。

そこで、番組では日常的に良く食べるお手頃野菜のなかでどれがイヌリンが多いか検証しました。

西九州大学 健康栄養学部教授の安田みどり先生は、生活習慣病の予防・改善に役立つ成分の研究を20年以上行う食品分析のスペシャリストです。安田先生によると、イヌリンというのはすごく分析しにくい成分で、どんな野菜に入っているのか詳しく調べられた例はあまりなく、世界的にもあまり進んでいないのだそうです。

お手頃な価格の野菜のなかからイヌリンが多そうな10種類を予想し、その10種類の野菜に含まれるイヌリン量を測定、過去の研究結果と合わせたランキングは以下のとおりです。

順位 食材 含有量(100gあたり)
1位 にんにく 12.5g
2位 ごぼう 5.4g
3位 玉ねぎ 4.3g
4位 アスパラ 2.5g
5位 レンコン 0.1g
6位 かぼちゃ 0.1g
7位 ヤマイモ 0.1g
8位 ししとう 0.0g
9位 ナス 0.0g
10位 トマト 0.0g

もっともイヌリン量が豊富なキクイモは100g中18gですので、にんにくはそれにせまる含有量だということがわかりますね。

番組では実際に、イヌリン豊富なお手頃野菜BEST3をつかって、どれだけ中性脂肪を減らせるのかの検証もしていました。お酒や炭水化物は控えないでお手軽イヌリン野菜を摂取目安量1日10g摂るだけ、というものでした。すると、なかなか減らなかった中性脂肪は152から139へと13減少、基準値内にまで減らすことができたのです。

まとめ

食べるだけで中性脂肪を効率的に減らしてくれる食材というのは、これまで糖質制限がなかなかうまくいかず中性脂肪の数値が気になっていた方にも朗報なのではないでしょうか。それも、家計に優しいお手頃野菜をチョイスしてくれているのがうれしいですよね。

手軽にはじめられる中性脂肪対策として、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 中性脂肪を下げる薬の特徴【一生飲み続けるの?副作用は?】

  • 中性脂肪を下げるサプリ【おすすめランキング2018年】

  • 中性脂肪を下げるための食事

  • 中性脂肪の基準値が300を超える人はほったらかしにしてはいけない理由

  • 中性脂肪の効果的な減らし方

  • 中性脂肪が高くなる原因は?