1. TOP
  2. 菊芋
  3. 菊芋はダイエットの効果はあるのか?

菊芋はダイエットの効果はあるのか?

菊芋   261 Views

美容やダイエットのために菊芋を摂取する人がとても多くおられます。

菊芋は今とても話題になっている野菜です。キク科の植物で、水溶性食物繊維であるイヌリンを多く含んでいます。イヌリンの持っている作用が話題となり、世界中でも注目されている成分なのです。

菊芋はとてもカロリーが低く、ほとんど体内に吸収されずに排出されるために、ダイエット効果に優れているといわれます。

またそれだけではなく、イヌリンは体内に吸収されずに腸にまで届き、腸の中で水分を吸収しながらドロドロとしたゲル状になり、ゆっくり移動しながら腸をきれいにします。デトックス作用と呼ばれるものです。

菊芋の持っているダイエットに対する作用について詳しくお伝えし、またどのように摂取していけばいいのか、その方法についてもお伝えします。

Sponsored Link

奇跡のダイエット野菜「菊芋」とは

菊芋とは

菊芋とは多糖類に分類される野菜です。「芋」と書きますから、じゃがいもやさつまいものイメージがありますが、食物繊維であるゴボウの仲間です。

食物繊維の中でも、水溶性食物繊維に分類されます。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に分類されますが、特に菊芋は水溶性食物繊維の中でも特徴的な作用を持っています。

菊芋は多糖類であるにもかかわらず、口から摂取してもほとんど体内に吸収されることはなく排出されます。カロリーはとても低く、ダイエット野菜としてとても注目されています。

またそれだけではなく、体内に入った菊芋の主成分であるイヌリンは、腸の中で水分を吸収しながらドロドロとしたゲル状になり、ゆっくりと腸の中を移動し、腸内を綺麗にしていきます。腸内を改善しますので、便秘を解消する作用があります。ゆっくりと移動するために、とても腹持ちがよく、食べ過ぎることもなくなります。

是非ダイエットに取り入れていただきたい食品です。

菊芋に含まれる「イヌリン」のパワー

菊芋には多くの水溶性食物繊維イヌリンが含まれています。

イヌリンは腸の中で水分を吸収しながらゲル状となり、ゆっくりと移動しながら腸内環境を改善します。腸内では、余分な糖分や脂肪分も吸収し、排出させる作用もあります。

また同時に、自らが腸内に住む善玉菌のエサとなって、腸内環境を活性化させることもできます。腸内環境が活性化すると、善玉菌優位の環境となり、代謝の改善や老化予防のサポートにもつながります。

健康に対する作用にとても優れている成分です。

一般的には馴染みのない菊芋ですが、なぜこれほどまで話題になったかというと、菊芋に含まれているイヌリンの量が、他の野菜と比べても圧倒的に多いからです。

菊芋に含まれているイヌリンの量は100gあたり約18gから20gであり、にんにくであれば100gあたり約13g程度、ゴボウであれば100gあたり約6g程度、玉ねぎであれば100gあたり約5g程度です。

良質のイヌリンを摂取するのであれば、菊芋をおススメします。

安全で無理のないダイエット方法が可能

菊芋は天然に自生している野菜ですので、安全に健康的に無理なくダイエットのサポートができます。医学会でも話題になっているほどのデトックス作用がありますので、安心して摂取することができるのです。

もちろん薬ではありませんので、食べ過ぎるようなことがない限りは、副作用を起こす心配もありません。

とてもカロリーが低く、じゃがいもの半分程度であることが分かっています。

また菊芋には、その他にもたくさんの有効成分を含んでいます。私たち人間のエネルギーに必要になるビタミン類がとても豊富で、不足しがちなのミネラル類、葉酸、ポリフェノールなど、多くの有効成分を含んでいるのです。

また菊芋は食べるとクセのない野菜で、さまざまな料理に合わせることができます。日々の調理に活用することができます。菊芋をパウダー状にされたものも販売されており、味噌汁やカレーなどに入れて食べることができます。

また菊芋茶など、加工されている食品もたくさん販売されており、自分に合ったダイエット方法を試すことができるでしょう。

菊芋がダイエットにおススメできる3つのポイント

低カロリーで体内に吸収されない水溶性食物繊維

菊芋は100gあたり34kcalであり、 とても低カロリーであることが知られています。他の野菜と比べてみるとじゃがいもでは100gあたり76kcal、さつまいもであれば100gあたり131kcalと、菊芋がいかに低カロリーであるか分かると思います。

菊芋は多糖類に分類される野菜ですが、体内に吸収されないという特徴を持っているために、食物繊維に分類されています。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がありますが、菊芋は水溶性食物繊維に分類されています。

不溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維のことで、えのきやしいたけ、松茸などに多く含まれています。水溶性食物繊維とは水に溶ける特徴を持っている食物繊維のことで、りんごやみかん、トマトなどに含まれています。

菊芋は、腸内において腸内の水分を吸収しながらゆっくりと移動し、腸内をきれいに改善するのです。

腸を整え、便秘を解消する作用

菊芋は、ダイエットに必要な、便秘を解消するためのサポートができます。

菊芋は腸内の中で水分を吸収しながら、腸の中をゆっくりと綺麗にしていく作用があります。腸の中にある余分な食べ物の残りカスなどを吸収しながら、どんどん排出させていくのです。

菊芋の持っているこのような作用によって、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発化します。蠕動運動とは、腸がぐにゃぐにゃと動いて食べ物を排出させていく作用です。この動きが活発化すると、腸の中に溜まっている余分な残りカスをどんどんを送り出して、排出させていく力が高まるのです。

水溶性食物繊維であるイヌリンは、腸の中でドロドロとしたゲル状になりながらゆっくりと進んでいきますので、とても腹持ちがよく、食べ過ぎの予防をすることもできます。

またイヌリンは、腸の中で善玉菌のエサとなって、腸内フローラを活性化させることもできます。腸内フローラとは、腸内細菌のことをいいますが、腸内フローラが悪玉菌優位の環境になっている場合、便秘が続き、健康状態に悪影響を及ぼします。

イヌリンが善玉菌のエサになると、善玉菌が活性化し、善玉菌優位の腸内フローラへと変化していきます。便秘の解消だけではなく、健康に対してもとても良い影響を与えます。

このような作用は、水溶性食物繊維の中でもとても珍しく、イヌリンであるからこそ菊芋は大きな話題となっているのです。

余分な糖分を排出させる機能も

菊芋に含まれているイヌリンは、腸の中で水分を吸収しながらゲル状となり、ゆっくりと移動しながら腸の中にある余分な残りカスを排出させる作用があります。特に糖分や脂肪分を排出させる作用がありますので、急激な血糖値、中性脂肪値の上昇を抑制することができます。

特にダイエットをしている人にとっては、糖分や脂肪分の吸収はとても気になると思います。それらを排出させる作用は、とても優れている作用であるといえるでしょう。

また血糖値が気になっている方や、中性脂肪値が気になっている人にとっても、嬉しい作用でしょう。もちろん薬ではありませんので、糖尿病や脂質異常症の治療を行うことはできませんが、治療のためのサポートになるのは間違いありません。

ダイエット作用が期待できる菊芋の摂取方法

生の菊芋を調理して食べてみよう

菊芋のダイエットに対する作用はとても話題になっているために、自分で調理して食べている方がとても多くなりました。

とはいえ、菊芋の産地であれば郷土料理として親しまれているのですが、それ以外の地域であればそれほど馴染みがある野菜であるとはいえません。そのため、一般のスーパーであれば購入することができないことが多いと思います。

しかし最近では話題になっているせいか、大手のスーパーでは販売している所も増えており、楽天やアマゾンなどのインターネット通販であればとても積極的に販売されています。それらを活用して購入すると良いでしょう。

菊芋は見た目は生姜に似ていますが、クセのない野菜です。どんな調理にも合わすことができますので、お好みで調理すればいいでしょう。

菊芋を調理する際の注意点ですが、菊芋はとても乾燥しやすくそのまま置いておくと一週間ほどで乾燥してしまいます。大きいものから調理して、小さいものは土に埋めておくか、薄くスライスして天日干しにして菊芋チップスにしておくと、長期保存が可能です。

菊芋チップスの状態にしておくと、水で戻せばまた調理に使うことができますし、ミルミキサーにかけてパウダー状にすると、味噌汁やカレーなど水分の多い食品に入れることで手軽に摂取することができます。

生の菊芋を調理する際には、しっかり洗って活用してください。菊芋についている土の菌が何らか作用することも考えられます。気になる人は皮を剥いて調理すれば良いでしょう。菊芋の皮には多くのイノリンが含まれていますので、イヌリンを摂取したい人であれば、しっかりと洗ってから皮ごと調理するといいでしょう。

菊芋パウダーや菊芋チップスなどの加工食品

菊芋は今とても話題になっている野菜ですので、生の菊芋もたくさん販売されているのですが、加工された状態でもたくさん販売されています。

特にインターネット通販である楽天やアマゾンのサイトを見てみると、菊芋パウダーや菊芋チップスがとても多く売られていることが分かります。

菊芋パウダーは、そのまま調理された食品に入れるだけで手軽に摂取することができますし、菊芋チップスにおいても水に戻せば簡単に調理に使うことができます。長期保存も可能ですので、この状態で購入しておけば、手軽に菊芋を摂取することができます。

また菊芋は菊芋パウダーや菊芋チップスだけではなく、菊芋のお漬物や菊芋茶、菊芋飴、菊芋パンなどたくさんの加工食品が販売されています。特に菊芋茶であれば、普段飲むお茶として摂取すれば、さらに手軽に摂ることができますのでおススメです。

菊芋の加工食品を購入する際の注意点ですが、無農薬など品質の良いものを購入しましょう。品質の良いものを購入するには、菊芋の産地で栽培されたものを購入するべきです。菊芋の産地は北海道から九州沖縄まで幅広い地域で栽培されていますので、調べてみればいいでしょう。

サプリメントを活用する

ダイエットや便秘解消などのために、菊芋摂取したい人はたくさんおられると思いますが、中には野菜嫌いであったり、調理してまで摂取できないという人もおられるかもしれません。

ただ菊芋に含まれているイヌリンはとても優れた作用を持っていますので、是非ともお試し頂きたい成分なのです。

そのような方におススメなのは、菊芋を主成分としたサプリメントを活用して摂取する方法です。菊芋の産地で収穫された菊芋をベースとして製造されているサプリメントもたくさん販売されています。

菊芋をわざわざ調理して摂取するのではなく、カプセルなどで1日の目安量を飲んで行くだけで、手軽に菊芋を取ることができるのです。菊芋を実際購入するのと比べても変わらない、リーズナブルなものまで販売されています。

とても高品質なものまで販売されていますので、是非ともお試し頂きたいと思います。

まとめ

菊芋は本当にダイエット効果があるのか調べてみました。

菊芋にはイヌリンという水溶性食物繊維が豊富に含まれており、腸内を綺麗に改善しながら、便秘を解消する作用に優れている野菜です。

低カロリーですので、ダイエットに優れているといえます。味にはクセがありませんので手軽に調理することができます。菊芋パウダーであれば味噌汁やカレーなどの水分が多い食品に入れるだけで手軽に摂取することができるのでおススメです。

また野菜を毎日摂取できないという方であれば、サプリメントを活用することも一つです。

とても優れた作用がありますので是非お試し頂きたいと思います。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 菊芋に含まれている栄養素は?

  • 品質のいい菊芋はどこで買える?産地直送の販売店は?

  • 菊芋サプリメントおすすめランキング

  • 菊芋を栽培してみよう!菊芋の育て方の注意すべきポイント

  • 菊芋の効能と副作用

  • 菊芋茶の美味しい飲み方や作り方