血管年齢を若返らせる食べ物

MENU

血管年齢を若返らせる食べ物

血管年齢を若返らせる食べ物とは?

『血管年齢が若いと、見た目も若くてキレイ!』
『血管年齢が若いと、健康で老化を防ぐ!』

 

年齢を重ねると、体の調子も悪くなりがちですよね。
肌にはシミまでできてしまい…鏡を見るのも嫌になりそう。

 

でも、それらの不調もシミも全て血管年齢が影響していることが最近の研究で分かりました。

 

ならば、血管年齢を若くする方法もあるはず!

 

血管年齢を若返らせるためには、食事・運動・睡眠の3つが重要です。

 

まずは、健康で見た目キレイを目指せる「血管を若返らせる食べ物」をご紹介しましょう!

 

血管年齢を若返らせる食べ物

最近のテレビや雑誌でも取り上げられている「血管年齢」ですが、若返らせ・健康に保つには「減塩」が基本です。
とはいえ、何でもかんでも塩を抜けば良いというわけではありません。

 

いくら健康のためとはいえ、美味しい食事でなければ生活が楽しめませんよね。
日頃の食事に簡単に取り入れられる食べ物を紹介します。

 

トマト

トマト

 

カリウムが豊富で余計な塩分を体の外へ出す効果もあります。
どんな食事にも合いますし、トマトジュースを隠し味で使うだけで減塩できる優秀な食べ物です!

 

例えば、普段のお茶漬けにトマトを加えるだけでも塩分ゼロなのにトマトの塩味でおいしくいただけますよ。

 

納豆

納豆

 

ナットウキナーゼで血液はサラサラになるので、日本の食卓におススメです!

 

酢タマネギ・酢しょうが・レモン酢

タマネギ

 

上記3つは、テレビで取り上げられ話題になっています。
3品合わせて料理本として紹介されていることも多いので、まとめてご紹介しますね。

 

いずれも、作り置きができ、ドリンクとしても調味料としても万能です!

 

タマネギには「血流を促進させる作用」があり、動脈硬化や高血圧を予防します。

 

しょうがには「温め効果で代謝が上がる」ことで不調や病気知らずに。

 

レモンにはビタミンCが多く含まれ、抗酸化作用で免疫力がアップします。
血管年齢でシミが気になる人には美肌効果もありますよ!

 

さらに注目されている「オメガ3脂肪酸」とは?

トマトは切れば良いけれど、酢タマネギ〜などは作るのがちょっと面倒。
(それらを使ったレシピを考えるのも面倒ですよね)

 

そんな方には、結論から「魚介類を食べましょう」とアドバイスします。

 

厚生労働省は、血管年齢にもかかわる「オメガ3脂肪酸」について、以下のように評価しています。

 

n-3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)は、

 

  • 血中中性脂肪値の低下
  • 不整脈の発生防止
  • 血管内皮細胞の機能改善
  • 血栓生成防止作用等

いろいろな生理作用を介して生活習慣病の予防効果を示す。
厚生労働省「脂質」より)

 

血中中性脂肪とは、いわゆる「中性脂肪」のことで、この値が高いとメタボ!とよく言われますね。
血管年齢も高く、動脈硬化や血栓の危険が高まります。

 

さて、オメガ3脂肪酸とは具体的に何のことでしょうか?
DHA・EPA・DPAなどの種類があります。

 

DHAなら聞き覚えがあるでしょうか?
魚を食べると頭が良くなると流行にもなった「DHA」ですね。

 

DHA・EPA・DPAは、いずれも魚介類由来の成分です。
これらの脂肪酸は体内では合成できません。

 

つまり、血管年齢を若くするDHAやEPAをとるには、魚を食べるしかないのです。

 

青魚

 

では、毎日どのぐらい食べれば良いのでしょうか?
厚生省は「EPAとDHAの望ましい摂取目安量」を定めています。

 

日本人では、EPA 及び DHA 量を 0. 9g/日摂取している群で有意に、非致死性の心筋梗塞罹患の減少が認められている。これに丸め処理を行い、18 歳以上では、1g/日以上の EPA 及び DHA摂取量(魚で約 90 g/日以上)が望まれる。
厚生労働省「脂質」より)

 

『EPA・DHAの合計摂取目安は、1日1g以上』

 

庶民の食卓に並ぶ魚で例えると、

 

  • 焼きんま(100グラム)に含まれているEPA+DHA⇒2000ミリグラム
  • かつお(100グラム)に含まれているEPA+DHA⇒1370ミリグラム

 

毎日毎日魚を食べれれば摂取目安量を超えますが、毎日食べる、とはなかなかできませんよね。
他にも野菜や肉が食べたいですものね。

 

また「魚によっては水銀が含まれている」という話題で魚を避けたくなる方もいると思います。
食物連鎖の関係上、魚が水銀をため込んでしまう可能性はあります。

 

ただし『日本で市販されている魚油サプリメントから水銀が検出されたことはありません』
DHA・EPA協議会HPより)

 

これを聞くと、

 

じゃあ、足りない分はサプリで補える!
魚がなかなか食べれないならサプリを使おう!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

ということも考えられますね。
日本のサプリメントはとても優秀なのです。

 

食べたいものを美味しく食べるのが一番です。
けれど、健康でいるために必要な栄養はとりたいものです。

 

そんな時に、サプリメントの力を借りるのは悪いことではないはずですし、忙しい現代では食事も乱れがちになりますから、サプリメントで調整すると考えるのも良いですね。

 

血管年齢は意識したその瞬間から若くできます。
健康のためにも、必要な栄養を十分にとっていつまでもハツラツとしていたいですね!

 

私がオススメするサプリは「きなり」です。

 

きなりの公式サイトへ

 

最後に、逆に血管年齢を高めてしまう「控えたい」食べ物をご紹介

動物性脂肪が多い食品」が、血管年齢を若くするために控えたい食べ物です。

 

  • 牛乳
  • 乳製品(特にバターなど)
  • 肉類
  • チョコレート・ケーキ・ドーナツなどの洋菓子類

 

とはいえ、動物性脂肪も体のエネルギーとなる重要な栄養素です。
「ほどほど」に食べていくと良いですね。

 

ものごとには、バランスが必要です。
栄養を意識して、楽しい食生活を心がけていきましょう。


血管年齢と食べ物について

血管年齢を若返らせて、元気になる食べ物を意識しましょう。人間が年齢を重ねるということは、見えない血液も年齢を重ねるということです。

 

人間は血管から老いると言われるように、普段見えないだけに無意識になりがちですが、血管年齢をいかに健康に維持するかが、これからの健康人生を左右するといっても過言ではありません。

 

世の中の日本の大好きな健康ブームでは、血管のことと血液関連の健康に対しては、健康食品でももはやブームです。健康食品は医薬品メーカーなどの販売促進が目的となる部分が大きく出ています。

 

しかし、本当に血管の健康を考えた時には、健康食品のサプリメントではなく、自然の食材を感謝していただくのが自然でえあり、体にも優しいものとなります。

 

健康食品はいくらナチュラル素材を使用していても、必ず添加物を含みます。サプリメントが危険とは言いませんが、添加物を加えないと形状はまとまりませんし、風味や味わいに保存にも支障がきたすことになります。サプリメントは現代日本陣を支える、栄養補助にはなりますが、血管の長い先の健康まで考えると、自然食品からが体にも健康にも良いものとなります。

 

血管が年を取るというのは、年齢で仕方ないと諦めてはいけないことであり、それは自分自身の健康に大きく関連をするからです。血管はとても正直に、普段人間の口からの栄養の影響を受けています。

 

何を食べるかで血管の運命も変わりますし、健康を左右するのですから、その人の人生も大きく揺るがすものとなります。

 

脂肪がたっぷりの肉を大好きな日本人は多く、動物性タンパク質の肉は、油とも相性がいいために、いくらでもパワフルに食べてしまいそうになります。脂肪分の多い肉をたくさん油お食べることで、動物性タンパク質の脂肪は、腸内に残りやすくなります。一度染み付いた脂肪は、簡単には落とせないのが肉の脂肪というやつです。

 

それに脂肪が多い肉を使った料理というのは、さらにカロリーを高める調理法と味付けで、多くの日本人を虜にしています。油ところもたっぷりの、トンカツにステーキ、焼肉などとにかく肉と脂肪と油まみれは、血液をすっかり汚す要因になります。動物性タンパク質の脂肪が多い肉ばかり食べると、血管はどんどん老化をしやすくなるのです。

 

普段の食事の献立のメインは、脂肪が多い肉よりも魚をチョイスしましょう。特に青魚などはお勧めな種類であり、体内の血管を若返らせる働きを持ちます。EPAとDPAを豊富に含むのが魚であり、体内に入り込み中性脂肪を減少させます。中性脂肪の蓄積は恐ろしいものであり、血管の動脈硬化を招いてしまうからです。しかし魚のDHAとEPAの栄養成分が、その中性脂肪をどんどん減らしてくれる事となります。

 

肉が完全にいけないわけではなく、肉を食べるならば赤身肉を少々いただくようにしましょう。無駄に衣をつけて揚げるなど、調理で高カロリーにはしないことです。

 

特に年齢を重ねるごとに体内の脂肪燃焼効率は低くなりますし、今までと同じように肉を食べていれば脂肪はどんどん付いてしまいます。脂肪のついた肥満体は、不健康そのものになりますので、食べ方や肉のパーツに量は意識をするべきでしょう。

 

食事では何よりも野菜を意識して、たくさん食べるようにします。その時期に旬を迎える野菜などは、含まれるビタミンなどの栄養価がとても高くなります。食事に箸をつけるときには、最初に野菜から食べるようにします。

 

特に生野菜を最初に食べることで、生きた生の酵素をそのまま体内へ入れることができますし、最初に口に入れたものが野菜だと、血糖値が無駄に上がらなくなります。

 

食べる順番というは重要であり、空腹の状態でいきなり、白米や加工食品、砂糖を過剰に含むお菓子や菓子パンを食べるのは最悪です。一気に毛唐値が上がり、もっと過剰に食べたくなるので、肥満になる未来が待ち構えているようなものですし、血管にも良いはずがありません。何よりも最初は野菜から食べること、そしてよく噛むということを習慣にします。

 

まずは野菜から口にすることで、野菜にはたくさんの食物繊維が含まれるので、食物繊維が腸管に働いて糖質吸収を緩やかにさせます。無駄に血糖値を急上昇させないことが、血管を若くする秘訣でもあり、血管の若返りには野菜は必須の栄養源となります。

 

野菜を食べる量が自然に増えていきますし、野菜をよく噛んで食べることで、お腹には満腹感を得やすくなるために、食べ過ぎをセーブできます。それに野菜のおかげで、コレステロールの改善と、中性脂肪も改善になります。

 

血管を若返らせたいと考えたら、塩分の過剰摂取はセーブしましょう。ラーメンやうどんのスープは飲みきらないとか、ハムやソーセージの加工食品は控えることです。大豆食品はよく食べるようにすることも、血管年齢を若返らせる事になります。大豆イソフラボンは、動脈硬化予防にもなります。

Sponsored Link