血管年齢を若返らせる食べ物

MENU

血管年齢を若返らせる食べ物

血管年齢を若返らせる食べ物

血管年齢を若返らせて、元気になる食べ物を意識しましょう。人間が年齢を重ねるということは、見えない血液も年齢を重ねるということです。

 

人間は血管から老いると言われるように、普段見えないだけに無意識になりがちですが、血管年齢をいかに健康に維持するかが、これからの健康人生を左右するといっても過言ではありません。

 

世の中の日本の大好きな健康ブームでは、血管のことと血液関連の健康に対しては、健康食品でももはやブームです。健康食品は医薬品メーカーなどの販売促進が目的となる部分が大きく出ています。しかし、本当に血管の健康を考えた時には、健康食品のサプリメントではなく、自然の食材を感謝していただくのが自然でえあり、体にも優しいものとなります。

 

健康食品はいくらナチュラル素材を使用していても、必ず添加物を含みます。サプリメントが危険とは言いませんが、添加物を加えないと形状はまとまりませんし、風味や味わいに保存にも支障がきたすことになります。サプリメントは現代日本陣を支える、栄養補助にはなりますが、血管の長い先の健康まで考えると、自然食品からが体にも健康にも良いものとなります。

 

血管が年を取るというのは、年齢で仕方ないと諦めてはいけないことであり、それは自分自身の健康に大きく関連をするからです。血管はとても正直に、普段人間の口からの栄養の影響を受けています。

 

血管年齢と食べ物

 

何を食べるかで血管の運命も変わりますし、健康を左右するのですから、その人の人生も大きく揺るがすものとなります。

 

脂肪がたっぷりの肉を大好きな日本人は多く、動物性タンパク質の肉は、油とも相性がいいために、いくらでもパワフルに食べてしまいそうになります。脂肪分の多い肉をたくさん油お食べることで、動物性タンパク質の脂肪は、腸内に残りやすくなります。一度染み付いた脂肪は、簡単には落とせないのが肉の脂肪というやつです。

 

それに脂肪が多い肉を使った料理というのは、さらにカロリーを高める調理法と味付けで、多くの日本人を虜にしています。油ところもたっぷりの、トンカツにステーキ、焼肉などとにかく肉と脂肪と油まみれは、血液をすっかり汚す要因になります。動物性タンパク質の脂肪が多い肉ばかり食べると、血管はどんどん老化をしやすくなるのです。

 

普段の食事の献立のメインは、脂肪が多い肉よりも魚をチョイスしましょう。特に青魚などはお勧めな種類であり、体内の血管を若返らせる働きを持ちます。EPAとDPAを豊富に含むのが魚であり、体内に入り込み中性脂肪を減少させます。中性脂肪の蓄積は恐ろしいものであり、血管の動脈硬化を招いてしまうからです。しかし魚のDHAとEPAの栄養成分が、その中性脂肪をどんどん減らしてくれる事となります。

 

肉が完全にいけないわけではなく、肉を食べるならば赤身肉を少々いただくようにしましょう。無駄に衣をつけて揚げるなど、調理で高カロリーにはしないことです。

 

特に年齢を重ねるごとに体内の脂肪燃焼効率は低くなりますし、今までと同じように肉を食べていれば脂肪はどんどん付いてしまいます。脂肪のついた肥満体は、不健康そのものになりますので、食べ方や肉のパーツに量は意識をするべきでしょう。

 

食事では何よりも野菜を意識して、たくさん食べるようにします。その時期に旬を迎える野菜などは、含まれるビタミンなどの栄養価がとても高くなります。食事に箸をつけるときには、最初に野菜から食べるようにします。

 

特に生野菜を最初に食べることで、生きた生の酵素をそのまま体内へ入れることができますし、最初に口に入れたものが野菜だと、血糖値が無駄に上がらなくなります。

 

食べる順番というは重要であり、空腹の状態でいきなり、白米や加工食品、砂糖を過剰に含むお菓子や菓子パンを食べるのは最悪です。一気に毛唐値が上がり、もっと過剰に食べたくなるので、肥満になる未来が待ち構えているようなものですし、血管にも良いはずがありません。何よりも最初は野菜から食べること、そしてよく噛むということを習慣にします。

 

まずは野菜から口にすることで、野菜にはたくさんの食物繊維が含まれるので、食物繊維が腸管に働いて糖質吸収を緩やかにさせます。無駄に血糖値を急上昇させないことが、血管を若くする秘訣でもあり、血管の若返りには野菜は必須の栄養源となります。

 

野菜を食べる量が自然に増えていきますし、野菜をよく噛んで食べることで、お腹には満腹感を得やすくなるために、食べ過ぎをセーブできます。それに野菜のおかげで、コレステロールの改善と、中性脂肪も改善になります。

 

血管を若返らせたいと考えたら、塩分の過剰摂取はセーブしましょう。ラーメンやうどんのスープは飲みきらないとか、ハムやソーセージの加工食品は控えることです。大豆食品はよく食べるようにすることも、血管年齢を若返らせる事になります。大豆イソフラボンは、動脈硬化予防にもなります。

 


血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?

関連ページ

血管年齢を若く保つための運動や食生活
血管年齢は身体の若さにとってかなり重要なファクターといえます。その血管年齢の若さを保つのに役立つ運動や食生活についてわかりやすく解説しています。
血管の年齢を下げたい時にはどうしたらいいの?
健康と若さを保つ重要なポイントといえるのが血管年齢です。その大事な要素である血管の年齢を若返らせるために必要なことについてわかりやすく解説しています。
動脈硬化の原因になる血管の老化を防ぐ方法について
血管が老化してしまうと、さまざまな病気の原因になりうる動脈硬化の原因にも…その血管の老化防止のための方法についてわかりやすく解説しています。
喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法
血管を老化させる悪い原因として、タバコも大きな要素…その喫煙によって痛めてしまった血管をどうやってケアしたらよいのかをわかりやすく解説しています。
血管年齢を若返らせて血液をサラサラにしよう
血液をどろどろのままにしておくと、様々な病気の原因にも…この血管年齢を若返らせ、血液をサラサラにしていく方法についてわかりやすく解説しています。