1. TOP
  2. 血管年齢若返り対策
  3. 血液サラサラにするには食べ物と運動とサプリメント

血液サラサラにするには食べ物と運動とサプリメント

 2017/11/23 血管年齢若返り対策   18,939 Views

血管年齢を検査することによって自分の血液のドロドロ具合を知ることができ動脈硬化を予防することができます。この年齢が高ければ高いほど動脈硬化が進行していて、年齢が低ければ血液サラサラで動脈硬化が進行していないことになります。

進行状況を見るために動脈の硬さや動脈の詰まり具合を測定して割り出します。詳しくは「血管年齢の調べ方や自分でチェックする方法とは 」をご覧ください。

心臓から流れでた血液の拍動が動脈を通じて足首・手首にまで届く速度を調べることで動脈の硬さを調べることができます。動脈壁が硬くなっていると動脈壁の弾力性がなくなり動波が伝わる速度が速くなります。

動脈の詰まり具合を調べるには上腕と足首の血圧を測定 することで調べることができます。そのため検査内容はベッドに横になって両手両足の4箇所の血圧を同時に測定するだけなので痛みを感じることはほとんどありません。

腕とひざ下が出せる服装でしたら着替える必要もなく5分程度で測定ができます。

Sponsored Link

血液サラサラになる食べ物

食生活の改善や適度な運動を行うことによって血液サラサラにして「血管年齢を若返らせる 」ことができます。

老化が進行していればしているほど時間と労力が必要になってきますので、できるだけ早い段階から始める ことによって若返りに時間をかけずさらに老化の防止にもなります。

血液をサラサラにする食材にはタマネギやにんにく、納豆、魚などがあります。

納豆にはナットウキナーゼといった納豆のみに含まれている酵素があります。ナットウキナーゼは腸内にある血栓融解酵素を活性化させ血栓を作りにくくする働きをしてくれます。

そして魚の中でも特にイワシやアジなどの青魚にはエイコサペンタエンといって血中の脂質バランスを整えきれいな血にさせる効果が含まれています。

さらにドコサヘキサエン酸も含まれているので血管をしなやかに保ち悪玉コレステロールと中性脂肪の減少が期待できます。

また意識的に食物繊維を摂取 することも大切です。水溶性食物繊維には胆汁酸の排泄を促進させる働きがあるのでコレステロール値を減少させる効果があります。

水に溶けるとゲル化するため胃から小腸へ食物が移動するスピードを緩やかにしてくれます。そのため糖質の吸収スピードを遅らせて血糖値が急激に上昇するのを抑制してくれます。

さらに塩分の摂りすぎも血圧を上昇させドロドロ血にさせてしまうことがあります。

かぼちゃやニラ、水菜などのカリウムを多く含む食物を摂取することでカリウムが塩分の排出を促し血圧を安定させてくれるのでおすすめです。

他にも緑茶・麦茶・ウーロン茶も効果が大きく体内の老廃物の排出のサポートをしてくれます。

その中でも緑茶には消化酵素の働きを抑えて消化吸収のスピードを遅らせ急激な血糖値の上昇を抑え中性脂肪の値を下げてくれます。

カテキンはポリフェノールの一種なので抗酸化作用も持ち合わせており悪玉コレステロールの増加や酸化 を防いでくれます。

血液サラサラにする為の運動

運動不足が続くとドロドロ血になりやすくなってしまいます。身体を動かすことによって余分なエネルギーを消費させることができます。

余分なエネルギーを消費させることで血糖値を下げることができたり、運動を行うことによって血の通り道を拡張させ身体の隅々まで血が行きわたりやすくなります。

身体の隅々まで血がめぐるようになると血液と一緒に酸素や栄養素もめぐりやすくなるので老廃物もしっかり回収され、同時に臓器の働きも活発になりきれいな血液サラサラにすることができます。

特にウォーキングやエアロビクスなどの有酸素運動を行うと継続的に弱めの力を筋肉にかけ続けることができ体内に蓄積された体脂肪をエネルギー源として燃焼させるようになります。

有酸素運動を開始して約20分は血中の脂肪が消費され、その後から内臓脂肪や皮下脂肪の燃焼が始まります。そのためウォーキング等を行う場合は20分以上の継続がおすすめです。

しかし無理な運動を急激に行ってしまうと汗をかき体内の水分を多く排出してしまいドロドロ血を悪化させる原因にもなりますので水分補給をしっかりと行ったうえで無理なく継続して行えるように自分に合った運動をしていくようにしましょう。

血液をサラサラにするサプリメント

さらにサプリメントの服用もおすすめです。ドロドロ血の改善には食生活を見直すことが一番なのですがにおいや味が苦手で食べることができない方や毎日摂るのが難しい方、調理を行う時間が取れない方はサプリメントを続ける方法 が良いです。

カプセルに詰め込まれていることによって摂取しやすく、持ち運びすることができるのでいつでもどこでも摂取することができます。また長期間常温で保存することができるので保管方法や保管場所に困ることがありません。

血行が悪いとドロドロ血や動脈硬化の病気を引き起こす可能性がある他にも脳梗塞や狭心症などの重大な病気や新陳代謝の低下により身体に脂質が付きやすい痩せにくい体質になってしまいます。

今後の健康維持のためにも食生活の見直し・適度な運動・サプリメントを毎日継続に行うことが大切です。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 血管年齢を若く保つための運動や食生活

  • 喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

  • 血管年齢を若返らせる食べ物

  • 血管の年齢を下げたい時にはどうしたらいいの?

  • 亜鉛で血管の老化防止!?亜鉛を多く含む食べ物ランキング

  • 動脈硬化の原因になる血管の老化を防ぐ方法について