喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

MENU

喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

タバコの煙には、百種類以上の化学物質が含まれており、健康に対して深刻な悪影響を及ぼすことが判明しています。このために、駅のホームや病院、学校などの公共施設の大部分は現在では全面禁煙が実施されています。これは、副流煙として周囲のタバコを吸わない人にまで被害を与えるからです。

 

なお、この様にタバコが身体に悪いことが広く周知されているにも関わらず、いまだに国内の喫煙者人口は20,000,000人を超えています。これは、タバコに含まれているニコチン(nicotine)という物質の中毒性によるものです。

 

この物質は、神経伝達物質のアセチルコリン( Acetylcholine)と分子構造が類似しており、脳内のレセプターに作用します。すると、快楽物質のドーパミン(dopamine)が分泌されるので、心地よい状態になります。タバコを吸うとリラックスできるのは、このような仕組みによるものです。

 

ただし、このような状態はいつまでも続くわけではなく、ニコチンが体外に排出されるに伴い、消失します。また、アセチルコリン受容体が空になるにつれて、ノルアドレナリン(noradrenaline)という物質が分泌されるようになります。

 

この物質は、怒りのホルモンとも呼ばれており、分泌されると不快な状態になってしまいます。タバコが切れると不安になるのは、この物質の作用によるものです。

 

このイライラはニコチンが体内から完全になくならない限り続くので、最低でも数日間は我慢しなくてはなりません。この不快感はかなり強力で、禁煙にチャレンジした人の大部分は飲み込まれてしまいます。これが、いまだにタバコを吸っている人が20,000,000人を超えている理由で、ほとんどの人は止めたくても止められない中毒の様な状態になっていると推測されます。

 

しかし、タバコを止めない限り、化学物質によるダメージを受け続けるので、健康状態をキープするのは極めて困難です。最も広く知られているのは、タール(tar)による肺がんですが、中毒物質のニコチンによる血管へのダメージも、かなり深刻な事態を招く危険があります。

 

ちなみに、ニコチンにより血管がダメージを受けるのは、収縮作用によるものです。例えば、初めてタバコを吸った時に頭がクラクラするのは、脳の血管が収縮したことにより、酸素不足になったことが原因です。このような状態が常態化するので、身体の様々な部位に不具合が生じることになります。

 

そして、この様なダメージはタバコを止めただけでは、元の状態に回復することはありません。このために、正常な状態に戻すためには、適切なケアが必要となります。

 

禁煙とともに実行したい回復法

なお、具体的な方法は、運動により血流量を増加させるという内容です。特に、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎを刺激するのが適当で、スクワットやスキップ、ウォーキングなどが効果的です。これらを継続的に実践することにより、少しずつ血液の流れが元の状態に回復することになります。

 

また、食事によるケアも効果的で、特に有効なのがシナモンです。シナモンは、漢方生薬として1,000年以上利用されてきた歴史を持っており、血液循環を活性化するとともに、諸臓器の機能を亢進する作用を発揮します。これにより、喫煙でダメージを受けていた諸臓器の機能も回復させます。

 

ただし、これらの血液に関しての取り組みを行うためには、まずは禁煙に成功しなくてはなりません。タバコを吸いながらケアを実施しても、穴の開いた容器に水を入れているような状態で、いつまでたっても満杯にはならないからです。

 

現在では、医療機関でも禁煙外来が用意されており、かなりの高確率でタバコを止めることが可能となっています。ちなみに、禁煙外来で行われている治療の具体的な内容は、CHAMPIXという内服薬の処方です。この内服薬の作用機序は、ニコチンの代わりにアセチルコリン受容体に結合し、ドーパミンを少量だけ分泌させるという内容です。これにより、タバコを吸う必要性がなくなるので、自然に離れられるという仕組みです。

 

成功率は、約50パーセントと公表されており、意志が弱い人でも大丈夫です。なお、CHAMPIXはスタートから12週間までは、健康保険が適用されます。このために、金銭的な負担も少なくて済むので、チャレンジするだけの十分な値打ちがあります。これまでに、自力での禁煙に何度も失敗しているような人には、特にオススメできます。

 

また、CHAMPIX以外にもニコチンパッチやニコチンガムなど禁煙アイテムは多数開発されており、ドラッグストアーで購入できるものもあります。自分自身と周囲の健康を守るためには、まずはタバコを止めるのが適当な行動です。

 

その後に、運動や食事に工夫することにより、少しずつ元の状態に回復することになります。既に、一箱当たりの値段は500円に達しており、金銭的な負担もかなりのダメージとなっています。タバコを止めることにより、このようなダメージからも解放されることになります。

 

 

 


血管年齢若返り対策ガイド|血管年齢を下げる方法とは?

関連ページ

血管年齢を若返らせる食べ物
血管年齢は若さにとってとても重要なポイント、その血管年齢を若返らせる食べ物にはどのようなものがあるのか詳しく解説しています。
血管年齢を若く保つための運動や食生活
血管年齢は身体の若さにとってかなり重要なファクターといえます。その血管年齢の若さを保つのに役立つ運動や食生活についてわかりやすく解説しています。
血管の年齢を下げたい時にはどうしたらいいの?
健康と若さを保つ重要なポイントといえるのが血管年齢です。その大事な要素である血管の年齢を若返らせるために必要なことについてわかりやすく解説しています。
動脈硬化の原因になる血管の老化を防ぐ方法について
血管が老化してしまうと、さまざまな病気の原因になりうる動脈硬化の原因にも…その血管の老化防止のための方法についてわかりやすく解説しています。
血管年齢を若返らせて血液をサラサラにしよう
血液をどろどろのままにしておくと、様々な病気の原因にも…この血管年齢を若返らせ、血液をサラサラにしていく方法についてわかりやすく解説しています。