1. TOP
  2. 商品
  3. 年齢ペプチドとは?年齢ペプチドの効果と副作用

年齢ペプチドとは?年齢ペプチドの効果と副作用

 2017/11/25 商品   441 Views

年齢ペプチドとは乳酸菌飲料のカルピスを製造する過程でできる「カルピス酸乳」から見つかった健康成分、ラクトトリペプチドの別名です。中高年の健康維持に適していることからこの名前がついたそうです。

この年齢ペプチドはカルピス社の研究によって血管をケアするさまざまな働きが明らかになっており、近年注目されています。

年齢ペプチドはVPP(バリン-プロリン-プロリン)とIPP(イソロイシン-プロリン-プロリン)という2種類のペプチドからなる乳由来の成分です。ブルーチーズや味噌などの食品にも微量に含まれています。

Sponsored Link

年齢ペプチドの効果と副作用

年齢ペプチドはカルピスの研究により血管に関するさまざまな効果が明らかになっていますが、具体的にはどのような働きをするもので、そしてどのような効果や副作用があるのでしょうか?

年齢ペプチドの働きと効果

血管のいちばん内側にある血管内皮細胞は血管の健康を維持しています。その内皮細胞が産生するもののひとつがNO(一酸化窒素)です。NOは

  • 血管を拡張させる
  • 血管壁への白血球の接着を抑制
  • 血管の詰まり(プラーク)を予防

といった働きをもっています。

年齢ペプチドにはこの血管内皮細胞に働きかけてNOの産生を促進し、血管の柔軟性を改善、しなやかにしてくれる作用があります。

そこで、年齢ペプチドには以下のような効果が期待されたり可能性があるとされています。

  1. 血管年齢の若返りが期待できる
  2. 血圧の低下が確認された
  3. 血管の詰まり(プラーク)を抑制して動脈硬化を予防する可能性

実際、年齢ペプチドの8週間の摂取によって血管柔軟性の改善・血圧の低下が確認されています。また動物試験では年齢ペプチド摂取によって動脈硬化の原因であるプラークが抑制されており、動脈硬化予防への期待もされています。

さらに、糖尿病を起因とする血管機能の低下を抑制する可能性についても動物試験にて確認されたということで、年齢ペプチドは今後ますます注目の成分と言えるでしょう。

年齢ペプチドの副作用

血圧を下げる薬には副作用がありますが、年齢ペプチドには副作用はあるのでしょうか?

年齢ペプチド配合のカルピスのサプリメント、「しなやかケア」のオンラインショップをみてみますと、使用上の注意に以下のようなことが書かれています。

  • 体質や体調により、まれにからだに合わない場合があります。その際はご使用を中止してください。
  • 体質によりまれにせきがでることがあります。その際は医師にご相談ください。
  • 治療中の方、薬剤を処方されている方、妊娠中の方は、念のため医師にご相談ください。

乳酸菌をもとに作られた天然の成分ですし、薬のように副作用というほどのものはないようです。ただし、逆に言えば薬のような即効性はありませんので、年齢ペプチドの働きを実感するには継続的な利用がおすすめされています。

ただし、治療中の方、薬を処方されている方、妊娠中の方は念のために医師へ相談をしましょう。

また、しなやかケアにはアレルギー物質のうち乳・ゼラチンを含んでいますので、乳・ゼラチンアレルギーの方は使用を控えましょう。

年齢ペプチドが入ったサプリメント

年齢ペプチドが含まれるサプリメントには次のようなものがあります。

  • しなやかケア
  • しなやかケア+カテキン
  • しなやかケア+EPA&DHA

いずれもカルピス社の製品になります。また調べてみますと、カルピスにはこのしなやかケアのほかにも年齢ペプチドが配合されている製品がありました。

それは乳性飲料の「アミールS」とサプリメントの「アミールサプリメント」です。

アミールSは公式サイトをみても「年齢ペプチド」とは表記されておらず、「LTP(ラクトトリペプチド)」として紹介されています。カラダの内側からしなやかにする働きよりも血圧への働きかけのほうを前面に出していて、血圧が高めの人に適した特定保健用食品(トクホ)として紹介されています。

アミールSは以下のようなラインナップになっています。

  • カルピス酸乳/アミールS
  • アミールS/毎日野菜

アミールSはカルピス同様乳性飲料、飲み物ですから、サプリメントはどうも苦手で…という方はこちらを選んでみてもいいかもしれませんね。

また、アミールサプリメントは同じくLTP(ラクトトリペプチド)の表記となっていますがこちらは機能性表示食品となっています。

年齢ペプチドの飲み方は?

年齢ペプチドには何か効果的な飲み方などはあるのでしょうか。

年齢ペプチドが配合された、しなやかケアの公式サイト(オンラインショップ)を見てみますと、お召し上がり方として、「食品ですので、お好きなときにお召し上がりいただけます。」と書かれています。

ただし、薬との飲み合わせについては次のようにも書かれています。

「治療中の方、薬剤を処方されている方、妊娠中の方は、念のため医師にご相談ください。成分や使用上の注意に関する情報を記載した「商品情報シート」をご用意しています。ご希望の方にお送りいたしますので、医師へのご相談の際にお役立てください。」

基本的には食品だから飲み方は気にしなくても大丈夫ですが、治療中の方等々はやはりデリケートな状態にありますから、一応注意した方がよさそうですね。

年齢ペプチドを購入するには

年齢ペプチドを配合したサプリ、「しなやかケア」の販売店は通販限定となっています。コンビニ、スーパー、ドラッグストアなど市販では購入できません。

購入方法としては、

  • カルピス健康通販オンラインショップ
  • 楽天市場 アサヒカルピスウェルネスショップ
  • Amazon

このどれかでの購入となります。

価格でみますと公式通販と楽天市場はどちらもカルピスの運営な訳ですから価格は同じですが、Amazonについては配送無料なぶん、公式の価格より少し高くなっています。

定期購入を検討している方には少々割安な定期お届けコースがありますので、公式オンラインショップがおすすめです。

お試しで購入したいのであれば、公式オンラインショップでキャンペーンを行なっています。初回は20%OFFとなりますので、まずは飲んでみたいという方におすすめです。

また、アミールSでしたらドラッグストアや薬局で手軽に購入することができます。

まとめ

血管年齢は血管の老化の度合いを表す目安となる指標のことです。

血管年齢が高くなるということは、動脈硬化が進行してしまっているということです。動脈硬化は血管の老化現象ですから年齢とともに進行していきますが、喫煙や肥満、運動不足など生活習慣によっても大きく左右されます。

動脈硬化が進行しますと、血管が老化して硬くなったり血管がつまったりして血液の流れが滞る状態になり、心筋梗塞など血管事故リスクを引き起こしてしまいます。

血管を若くしなやかに保つことは健康にとってとても大切なことなのです。

血管の老化が気になる方、また健康診断で気になる結果が出たという方は、まずは適度な運動や禁煙、減量、食生活の改善など、できるところから生活習慣の見直しをし、そのうえで年齢ペプチドを健康的な体つくりのサポートとして役立ててみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 喫煙によりダメージを受けた血管をケアする方法

  • VCOサプリの様々な効果

  • 血圧を下げる方法で即効性があるのは?

  • 血管年齢を若く保つための運動や食生活

  • 血流を良くする方法

  • 血管年齢と血圧の関係とは