1. TOP
  2. 商品
  3. イマークSの中性脂肪を低下させる効果と注意すべき副作用

イマークSの中性脂肪を低下させる効果と注意すべき副作用

 2018/06/28 商品   630 Views

健康診断や血液検査において、中性脂肪の数値が高かったという方は少なくないでしょう。
しかも数値の指摘を受けたのが今回だけではないという人も、たくさんおられるのではないでしょうか。

血液中の中性脂肪が高くなってしまうと、血がドロドロとなり流れにくくなります。時には血が固まることもあり、血栓症といって血管を詰まらせる原因となってしまいます。心臓の血管や脳の血管に詰まってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病気を引き起こすことになります。

中性脂肪の数値が高いとはいえ、すぐに何らかの症状が出るわけではありません。しかしほったらかしにしておくとこのような病気の原因にもなりますので、 症状がない間に改善を目指すことがいいでしょう。

心疾患や脳血管疾患は、私たち日本人の死亡原因の2位、3位ですから、他人事で済ませることはできません。このような人には、中性脂肪を低下させる作用のある機能性表示食品「イマークS」を オススメします。

イマークSの公式サイトはこちら

イマークSは中性脂肪を低下させる効果が期待できる機能性表示食品

ニッスイが販売する「イマークS」とは

イマークSは、ニッスイ(日本水産株式会社)が販売する機能性表示食品です。ニッスイといえば食品関連では親しみのある会社ですので、知らない人もいないでしょう。創業は明治44年(1911年)ですから、とても歴史のある会社です。

ニッスイは、特に魚関連の食品の開発が中心となっていて、 食品の提供だけではなく、魚に含まれている成分を活用し、健康のために活かすことができるように研究開発しているのです。

イマークSは、 今健康を意識している人の中で注目されているEPAとDHAを含んでいるドリンクタイプの機能性表示食品です。

EPAやDHAは、新鮮な青魚に多く含まれている成分で、中性脂肪が高くなったドロドロの血をサラサラにするサポートに繋がるといわれています。世界中でも、注目されている成分で、厚生労働省においても積極的に摂取するように推奨しています。

健康を意識しなければならない人にとっては、とてもオススメできる商品です。手軽にEPAとDHAを摂取することができます。ニッスイが販売している商品ですので安心して摂取することができるでしょう。

ニッスイが販売しているイマークシリーズにおいても、累計で7500万本も販売されている人気商品なのです。

中性脂肪が高い人に効果が期待できる機能性表示食品

イマークSは、特に中性脂肪が高い中高年に、積極的に摂取していただきたいと考えます。

中性脂肪が高くなる原因として、偏った食生活、食べ過ぎ、 運動不足などが考えられます。健康的な生活を行うには、食生活や運動習慣が基本となります。

しかし中高年であれば、今更なかなか食生活を改善するということも難しいのではないでしょうか。

中には会社に置いて重要な責任を担っている人も少なくないと思いますし、 かなり忙しくしている人も多いことでしょう。外食を中心にせざるを得ない人もおられるでしょうし、そのような中で食生活の改善を行うことはなかなか厳しいかもしれません。

仕事において多くのストレスを抱えている人もおられることでしょう。そのため食べ過ぎてしまったり、お酒が多くなってしまったりということもあるのではないでしょうか。

また忙しい人であれば、規則正しい運動習慣を生活の中に取り入れるという時間を取れない人も多いでしょう。そのような方には、イマークSをうまく活用していただきたいと考えています。

中性脂肪を低下させる作用のある機能性表示食品ですし、毎日一本飲むだけで健康のサポートとなります。

健康のために何かしらしなければいけないと考えているだけで何もできていないということであれば、大きなサポートとなるでしょう。

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは、近年トクホ(特定保健用食品)などとともに、コンビニやスーパーなどにおいて多くの商品で見かけるようになった表示です。機能性表示食品のお茶など販売されていますが、それらを好んで購入されている方もおられることでしょう。

機能性表示食品とは、消費者庁長官がその食品が持つ機能の表示を許可したものです。「中性脂肪を低下させる作用がある」といった表示については、健康に対する作用になりますので、勝手に表示することはできません。

もちろんこれらを表示するためには、販売する事業者の責任で、科学的根拠を示す必要があります。

イマークSについては、中性脂肪を低下させる成分であるEPAとDHAを豊富に含んでおり、ヒトに対する臨床研究においても中性脂肪の数値が減少していることを確認しています。

EPAやDHAを含んでいるサプリメントなどはたくさん販売されていますが、イマークSは機能性表示食品として販売されているということで、安心して摂取できるのではないでしょうか。

イマークSの効果とその成分を解説

EPA・DHAの中性脂肪に対する効果とは

EPAは、正式にはエイコサペンタエン酸といい、DHAはドコサヘキサエン酸といいます。新鮮な青魚には特に多く含まれている成分です。

EPAやDHAは新聞やテレビなどのメディアにおいても「サラサラ成分」として多く取り上げられ注目されています。生活習慣病の予防としてとても良いということは皆さんもご存知ではないでしょうか。

これらの成分を総称して必須脂肪酸といわれます。「脂肪」というと体に良くないようなイメージもありますが、青魚に含まれている必須脂肪酸は、私たちの体内で効率の良いエネルギー源となるものです。健康や長生きのためにはとても重要な成分であることが知られています。

必須脂肪酸の研究が始まったには1960年頃です。デンマーク領のグリーンランドに住んでいる人たちが、他の土地に住んでいる人よりもはるかに心筋梗塞による死亡が少ないことが分かりました。

グリーンランドの人たちは、アザラシをよく食べます。アザラシはEPAやDHAを豊富に含んでいる魚をたくさん食べるために、 自然にこれらの成分を体内に摂り込むことができたのです。

当時の研究ではEPAに注目されていましたが、近年の研究ではEPAと共にDHAを一緒に摂ることで中性脂肪に対する相乗効果を得られることがわかっています。

EPA600㎎+DHA260㎎配合

イマークSには、新鮮な青魚に多く含まれているEPAを600㎎、DHAを260㎎配合しています。

私たち日本人は、昔から多くの魚を食べる習慣がありましたが、食生活が欧米化となり魚を食べる機会が激減しました。魚の代わりに肉を食べることが多くなり、体内に脂肪分を溜め込んでしまう原因となってしまったのです。

みなさんには魚を食べる習慣があるでしょうか。おそらく毎日何らかの魚を食べているという人は少ないのではないでしょうか。

各年代で見てみると中高年においては全年代において比較的魚の摂取量が多いのですが、それでも十分な量を摂取しているとはいえません。

若い年代では、かなり少ないことが分かっています。

イマークSでは、EPAとDHAを豊富に含んでいます。合わせて860mg摂取することができますが、この量を実際の魚に換算すると、

  • さんまであれば、半分程度
  • いわしであれば、2尾程度
  • ブリであれば、5切れ程度

になります。

魚の量でいうとそれほど多い量ではありませんが、これを毎日摂り続けるということはなかなか難しいといえるのではないでしょうか。

イマークSでは100ml飲むだけで、これらの魚に含まれているEPAとDHAを摂取することができます。

厚生労働省が推奨するEPA・DHAの摂取量は

厚生労働省では、健康維持する目的のためにEPAやDHAを多く含んでいる魚を積極的に摂取するように勧めています。

厚生労働省が推奨するEPAとDHAの摂取量は、1日1000mgと報告されています。その報告の中には、EPAやDHAを総称した必須脂肪酸の摂取量が少なくなると、心疾患や脳卒中などの死亡率が高くなるだけではなく、全ての死亡率が高くなり、さらに癌の死亡率まで高くなることが報告されています。

魚の摂取量が減ってしまうと、明らかに生活習慣病のリスクが高くなるということが指摘されており、それを進行させてしまうことで死亡率が高くなると判断しているのです。

冒頭にも申し上げましたが、中性脂肪が高くなった状態でも、特に自覚症状が見られないために、血液検査で何回指摘されても食生活や運動習慣などを見直す人はとても少ないのが現状です。

しかし、これらの状態をほったらかしにしておくと、その先には動脈硬化のリスクが高まり、心疾患や脳血管疾患を引き起こしてしまうことになりかねません。中性脂肪は「サイレントキラー」との異名もあるほどなのです。

イマークSでは、EPAとDHA合わせて860mg摂取することができますので、健康のサポートにつながることは間違いありません。

参考:厚生労働省 脂質

イマークSの注意すべき副作用や飲みあわせ

注意すべき副作用とは

イマークSは、魚から抽出したEPAやDHAを含んでいる食品ですので、特に副作用に注意しなければならないということはありません。

EPAやDHAは血をサラサラにするといわれることから、摂取しすぎると「血が止まらなくなる」「脳出血を起こしやすくなる」などといわれることがあります。

この点において厚生労働省は、1800㎎を摂取し続けたとしても脳出血のリスクが高まったということは起きなかったと断定しています。さらに海外では、推奨する摂取量を3000㎎程度に設定している国もあるほどなのです。安心して摂取してください。

ただし体にいいからといって、イマークSを飲みすぎるということはやめておきましょう。ニッスイは、1日の目安量として1本を飲み続けることが大事であると発表しています。

飲むことを忘れていたとしても、いきなり何本か飲んでしまうことは体に良くありません。

早く健康な体になりたいと思ったとしても、イマークSは薬ではありません。たくさん飲んだからといってすぐによくなるものではなく、決まった量を継続して飲み続けることがとても大事なのです。

薬やほかのサプリとの飲み合わせは

イマークSは天然由来の成分を含んでいる食品ですが、現在病気の治療をしている人や薬を服用しているという人であれば、必ず主治医に相談してから摂取するようにしてください。

特に糖尿病の人においては、血糖値を下げる薬を飲んでいる場合、DHAやEPAの作用によってこれらの効果を抑えてしまう可能性が指摘されています。

他のサプリにおいては、同じ食品同士のですのでそれほど気にすることはありませんが、一度にたくさんのサプリメントを摂取してしまうことで、お腹の調子を壊すようなことがあるかもしれません。

健康にいいからといって、多くのサプリメントを摂取することは、オススメすることはできません。気になる人は主治医や薬剤師に相談するようにしましょう。

水銀は大丈夫?

EPAやDHAは魚由来の成分ですので、魚に含まれている水銀は大丈夫かという声を聞くことがあります。

金目鯛など特定の魚によっては、水銀が検出されることはあります。ただし国内のサプリメントにおいて、水銀が検出されたということはありません。

もちろんイマーク Sにおいても、薬と同様の管理のもとに製造が行われていますので、仮に魚に水銀が含まれていたとしても高度な技術によって除去されていますので、安全です。

ただし海外で販売されているEPAやDHAサプリにおいては、国内と同様の製造技術で製造されていませんので、オススメすることはできません。

○イマークSの最安値を調べてみた

イマークSを継続して摂取するために、様々な販売サイトから価格を調べました。

公式サイトにおいては、
通常価格(100ml/10本セット)3000円(税抜)のところ、
通販限定価格として、
1000円(税抜)で販売されています。

しかも購入者特典として、送料無料となっています。

さらに
2回目以降、定期コースで購入した場合は、
通常価格(100ml/30本セット)9000円(税抜)のところ、
7500円(税抜)
で購入し続けることが可能です。

定期購入は続けられるのか、一定期間購入しなければならないのかと、心配される方がおられますが、いつでも解約することができますので、安心して購入することができます。

通常価格、アマゾン(Amazon)、楽天価格と比べてみましょう。

【公式サイトで3か月購入した場合】
初回1000円(税抜)+2回目(定期購入)7500円(税抜)+3回目7500円(税抜)=16000円(税抜)
※送料無料、返金保証あり(商品到着後7日間)
※税込みでは17280円

【通常価格で購入した場合】
3000円(税抜)+2回目9000円(税抜)+3回目9000円(税抜)=21000円(税抜)
※税込みでは22680円

【アマゾン】
1080円(税込)+2回目7700円(税込)+3回目7700円(税込)=16480円(税込)
※送料無料

【楽天】
1080円(税込)+2回目8100円(税込)+3回目8100円(税込)=17280円(税込)
※送料無料

比較してもお分かりのように、3か月の購入であれば若干ですがアマゾンが一番最安値になります。

しかし、公式サイトで購入すると

  • 定期購入はいつでも解約可能
  • 定期購入ならば購入することを忘れない
  • 到着後7日間の返品・返金が可能

とメリットも大きいことが分かります。
まずお試し10本セット1000円で購入してみることをオススメします。

まとめ

イマークSの中性脂肪を低下させる効果について詳しくお伝えしました。イマークSは中性脂肪を下げる作用のあるEPA・DHAを豊富に含んでいる機能性表示食品です。中性脂肪の高い人には特に摂取していただきたいと思います。

なかなか、食生活の改善や毎日の運動習慣は難しいでしょう。イマークSならば1日1本で十分健康のサポートとなります。ぜひお試しいただきたいと思います。

イマークSの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 三国の美酢はダイエットや自律神経失調症に効果あり?成分や副作用を確認

  • 大正DHA・EPAは効果はあるの?成分と副作用を徹底検証

  • 日清食品のDHA&EPA+ケルセチンの成分や効果、特徴など徹底検証

  • DHA&EPA+N-アセチルグルコサミンは高い?成分や効果は?徹底解明

  • わかめペプチド粒タイプの成分や効果、特徴など徹底検証

  • すこやか工房オリーブジュースカプセルの効能・特徴、副作用を検証!