1. TOP
  2. 商品
  3. 森永製菓おいしい青汁の成分や効果、特徴など徹底検証

森永製菓おいしい青汁の成分や効果、特徴など徹底検証

 2018/02/07 商品   241 Views
おいしい青汁

森永製菓 おいしい青汁は、森永製菓が2017年7月より新しく販売した青汁です。3つの機能性を持つ機能性表示食品となっています。森永といえばお菓子やアイスというイメージが強いですが、意外にもヘルスケア食品もいろいろ出しているんですよね。

粉末タイプが主流となっている青汁市場のなかで、ストローをさすだけですぐ手軽に飲める紙パック飲料タイプの青汁です。

森永製菓 おいしい青汁の成分やその機能性・効果、特徴などを徹底検証します。

森永製菓おいしい青汁の公式サイトはこちら

森永製菓 おいしい青汁は機能性表示食品

おいしい青汁には難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれており、この難消化性デキストリンを機能性関与成分として機能性食品の届出をしています。

難消化性デキストリンって何…?と思われた方もなかにはいらっしゃるかもしれません。難消化性デキストリンというのはとうもろこし由来の水溶性食物繊維のことで、腸内で働くことによってさまざまな機能性が期待できる成分です。結構青汁製品には含まれていることが多いです。

おいしい青汁に含まれる「難消化性デキストリン」の機能性・効果は次の通りです。

機能性1 脂肪の吸収を抑え、排出を増やす

食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにすることが報告されています。脂質の排出量が増えやすい現代の食生活に嬉しい機能ですね。

機能性2 糖の吸収をおだやかにする

食事から摂取した糖の吸収をおだやかにするため、食後の血糖値の上昇をおだやかにすることが報告されています。通常、食事などで糖類を摂取したあとは小腸から血管にすぐ吸収されるため血糖値が急激に上がります。難消化性デキストリンを摂取すれば食事をしながらでも血糖値ケアができるのだそうです。

機能性3 お腹の調子を整える

おなかの調子を整えることが報告されています。難消化性デキストリンを摂取することで、排便回数が増加したというアンケート調査が出ています。

機能性表示食品とは?

特定の保健の目的が期待できる(健康の維持および増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品のこと。安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示するものとして消費者庁長官に届け出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

野菜不足を補うだけでなくて不足しがちな食物繊維をも補えるようになっています。

森永製菓 おいしい青汁の原材料や成分

原材料

〈森永製菓 おいしい青汁 原材料〉
野菜汁(にんじん、ケール、青シソ、ブロッコリー、あしたば、セロリ、クレソン、キャベツ、パセリ)、りんご果汁、難消化性デキストリン(食物繊維)/乳酸、クチナシ青色素、ベニバナ黄色素

安心とおいしさへのこだわりが感じられる原材料

森永製菓おいしい青汁の特徴として、おいしさだけでなく安心へのこだわりも感じられる原材料になっています。

  1.  すべて国産の野菜と果物
  2. 砂糖、食塩、香料、保存料不使用
  3. 富士山麓の地下水を使用

人気の青汁でも、原材料をみてみると結構添加物が多かったりとかあまり野菜が入っていないものも多かったりするんですよね。あと主原料の野菜がどこで作られているかわからないものも結構あったりします。そうした点で、森永製菓のおいしい青汁は安心して飲めるようになってます。

1本で1日の野菜不足65gと食物繊維5.6gを補える

1日350g以上の摂取が目安量とされる野菜ですが、全年齢で不足しているのが現状です。おいしい青汁では1本で65gの野菜が摂れるため、野菜の不足分を補うことができます。

また、食物繊維も目標摂取量に足りていない現状です。これも1本で5.6g補うことができます。

食物繊維5gは野菜から摂ろうとすると、「レタスなら1玉」「ごぼうなら1/2本」も必要です。

※難消化性デキストリン5.0gを含む

森永製菓 おいしい青汁は飲みやすい?どんな味?

あの森永製菓が「おいしい」と名前をつけるくらいだから、青汁でもしっかりおいしいんだろうなというイメージがありますよね。おいしい青汁の味はどうなのでしょうか。

野菜ジュースのようでおいしく飲みやすい

おいしい青汁は85%の人がおいしいと評価しているそうです。85%というのはちょっとリアルな数字ですよね。販売されてからそれほど経ってないのでまだ口コミは少ないですが、それでもやはりおいしい、飲みやすいといった意見が多いようです。

味は野菜ジュースというか、りんごの味が強いかんじです。市販の果物が入った野菜ジュースに近い感じでしょうか。パッケージの成分表示をみてみますと、「国産野菜汁50%」「国産果汁42%」となっています。なるほど、野菜は野菜汁としてひとまとめになっていますから、意外と思ったよりりんごの配合が多いみたいですね。

野菜ジュースって、家で作る場合でも野菜だけにすると結構青臭かったり飲みにくかったりするんですが、りんごを入れると味がまとまるんですよね。「おいしい青汁」がおいしいのはこのりんごの配合量の多さが理由のひとつかもしれません。

紙パックだから手軽

一般的によく出回っている青汁は粉末状の青汁で、粉末をコップに入れて水で溶いて飲みます。持ち運びやすいというメリットはありますが、飲むのに一手間かかるデメリットもありました。おいしい青汁は紙パックタイプの青汁ですので、手軽に飲めるのがうれしいですね。

森永製菓 おいしい青汁の価格は?

森永製菓おいしい青汁

一般的に、粉末タイプの青汁と比べて個包装の紙パックや缶ジュースタイプの青汁は値段がちょっと高めなものが多いですが、おいしい青汁の価格はどうでしょうか。

初回限定 12本セット 1,000円 送料無料
通常価格 12本セット 2,500円 300円
24本セット 4,860円 600円
定期購入 24本セット 4,374円 送料無料

一人1セット限定で、12本セットがなんと1,000円で試すことができます。条件としては

・初めて森永製菓オンラインショップを利用する方
・森永製菓オンラインショップからの案内を受け取って簡単なアンケートに答えられる方
・1世帯1回限り

となっていますが、1,000円で試せるというのは嬉しいですよね。

また森永製菓オンラインショップのほうでは12本入りと24本入りの通常価格での購入、また24本入りの定期便での購入が可能になっています。初回は安いですが、やはり価格は少し高めですね。一般的な粉末青汁の1包あたりの価格は缶ジュース1本程度となっていますが、おいしい青汁は定期購入の通常価格で1本あたり182円ほどです。

続けられる価格ではあるものの、もう少し安いとうれしいなあという気もします。

Amazonや楽天でも購入が可能ですが、それぞれ通常価格での販売でした。

森永製菓 おいしい青汁に副作用はある?

森永製菓 おいしい青汁に副作用はあるのでしょうか。

原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中)では、りんごが入っています。このおいしい青汁の半分近くはりんご果汁ですから、リンゴアレルギーの方はNGです。

また、摂取上の注意として

「疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。」

「本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を対象に開発された商品ではありません。」

といった注意書きがあります。また多量摂取によって疾病が治癒したりより健康が増進するものではないとの記載もありますので、目安量を守り、おいしいからといってゴクゴク飲んでしまわないよう気をつけましょう。

おいしい青汁Q&A

いつ飲むのが良いか?

難消化性デキストリンは食事から摂取する脂肪や糖の吸収をおだやかにするので、食事やお茶の時間に飲むのを推奨してます。

子どもに飲ませても大丈夫か?

食品なので子供が飲んでも害はありませんが、機能性表示食品は大人向けに開発された商品なので、子供の飲用はオススメではありません。

薬や他のサプリメント一緒の飲んでも大丈夫か?

基本手的には他の食品と同様に利用しても構いませんが、病気を治療中の方や、薬を処方されている方は、医師・薬剤師に相談した方がよいです。

森永製菓 おいしい青汁と明治 青汁、サンスター緑でサラナを比較

おいしい青汁と緑でサラナ

森永製菓 おいしい青汁と似たタイプの青汁として、「明治 青汁」、サンスターの「緑でサラナ」があります。それぞれを比較してみます。

原材料、成分で比較

〈明治 青汁 原材料〉
りんご果汁、ぶどう糖果糖液糖、難消化性デキストリン、野菜汁(ピーマン、アスパラガス、かぼちゃ、ブロッコリー、赤ピーマン、ほうれん草、小松菜、パセリ)、大麦若葉末、レモン果汁、抹茶、甘薯若葉末、ケール末/安定剤(セルロース、カラギーナン)、グリセリン脂肪酸エステル、香料

〈緑でサラナ 原材料〉
ブロッコリー、セロリ、キャベツ、レタス、ほうれん草、大根葉、小松菜、パセリ、りんご、レモン、クチナシ色素、ビタミンC、カロテン色素

どれも野菜にプラスしてりんごを配合しているところが似ていますね。ただ、森永と明治は「野菜汁」として野菜を配合しているのに対し、緑でサラナは野菜単品で配合されていて配合量も大半が野菜でできています。明治は配合量が一番多いのがりんご果汁、森永は野菜汁が一番多いですがついで多いのがりんご果汁です。

また明治と森永は難消化性デキストリンが入っているのに対し、緑でサラナには入っていません。

明治はみてみると大麦若葉やケールなどといった一般的な青汁に入っている野菜が入っているのに対し、森永と緑でサラナには食卓にならぶような野菜のみ配合されています。

機能、効果で比較

森永製菓 おいしい青汁は難消化性デキストリンの機能性食品ですが、他は特定保健用食品、トクホ飲料になっています。

明治 特定保健用食品(難消化性デキストリン)…お腹の調子を整える
緑でサラナ 特定保健用食品(SMCS)…コレステロールを下げる

特定保健用食品は体調を整える働きのある成分を加えたり、健康に役立つように工夫され、その健康効用を具体的に表示することを消費者庁が許可した食品です。表示される内容は科学的に証明されています。

機能性表示食品と特定保健用食品、どこが違うのか?といいますと、機能性表示食品は特定保健用食品と異なり消費者庁長官による個別審査を受けたものではないという点です。

飲みやすさ、味で比較

3社とも口コミでは飲みやすいと評判ですが、

明治…りんご味で全体的に薄い味。口当たりはサラサラで飲みやすい。
緑でサラナ…ドロドロした野菜ジュース。野菜もしっかり感じるのに適度なりんごの甘みで飲みやすい。

このように違いがあります。味の濃さは

明治<森永<緑でサラナ

なのかな?と思います。

価格で比較

3社の青汁の価格比較は次の通りです。

商品名 内容量 通常価格 最安値
森永製菓おいしい青汁 125ml/24パック 4,860円 1,000円(12パック)
明治青汁 200ml/24パック 1,866円(楽天)
サンスター 緑でサラナ 160g/30本入り 6,480円 5,832円

明治 青汁は他の青汁のように公式サイトはなく、スーパーなどのほかAmazonや楽天などでも購入可能です。定価は1本100円程度のようで販売しているところによって差がありますが、3つのなかでは一番手軽に購入できる青汁ではないでしょうか。

高いのはサンスターの緑でサラナです。こちらは缶ジュースタイプの青汁になっていますが、最安値でも1本あたり194円となっています。

それぞれに機能性・効用があるわけなので、そうした目的で選んでもいいですね。飲みやすさや価格で選ぶのであれば、

本格的に野菜を感じたい方は緑でサラナ
さらっと手軽に安く飲みたい方は明治青汁
野菜不足を補いつつさらりと飲みたい方は森永

といった感じで選んでもいいかもしれません。

まとめ

検証した結果、森永製菓 おいしい青汁は

  • 難消化性デキストリンが入った機能性表示食品
  • 脂肪の吸収を抑えて排出を増やす機能がある
  • 糖の吸収をおだやかにする機能がある
  • お腹の調子を整える機能がある
  • リンゴ味の野菜ジュースみたいで飲みやすい
  • もう少し安いともっといい

こんな特徴があるのかなと感じました。野菜不足を補うだけでなく、脂肪や糖の吸収を抑えたい方やお腹の調子を整えたい方、おいしく青汁を飲みたい方などにおすすめです。

ただし、公式サイトにも書かれていますが食生活は主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを取ることが大切です。青汁を飲んでおけばだいじょうぶ!ということではなく、普段から食事内容にも気をつけたうえで、そのサポートとしてうまく青汁を利用していけるといいですね。

通常価格 4,860円
最安値 1,000円(12パック)
1本あたり価格 83〜202円
内容量 24パック入り
送料 無料〜600円
特徴 機能性表示食品(難消化性デキストリン)
販売会社 森永製菓
森永製菓おいしい青汁の公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

おいしい青汁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • サンスター粉末青汁を徹底解明!良い点と悪い点まとめ

  • DHA&EPA+N-アセチルグルコサミンは高い?成分や効果は?徹底解明

  • nu有機田七人参に危険性や副作用はないのか?中身を検証

  • わかめペプチド粒タイプの成分や効果、特徴など徹底検証

  • すこやか工房オリーブジュースカプセルの効能・特徴、副作用を検証!

  • 緑でサラナって効くの?成分や効果、口コミなど徹底検証