1. TOP
  2. 商品
  3. さかな暮らしは記憶力と中性脂肪に効果あり?

さかな暮らしは記憶力と中性脂肪に効果あり?

 2018/06/28 商品   116 Views

年を重ね中高年になると、自分の健康がかなり気になりだします。特に会社の健康診断や血液検査などで指摘を受けてしまうと、「若い頃はこんなことはなかったのに」と自信がなくなってしまうこともあります。

また若い人には負けない、まだまだ元気だと思っていても、「あの人の名前何だったっけ」「あの書類どこにしまったのかな」と記憶力に自信がなくなってしまうこともあります。

そのようなことが重なることによって、すぐに何か取り組まなければならないと焦ってしまう気持ちになった人もおられることでしょう。

今回ご紹介する「さかな暮らし」は、新鮮なお魚に多く含まれているEPAやDHAを豊富に含んでいる機能性表示食品です。その量はサプリメントの中でもトップレベルです。

中性脂肪を低下させる作用があり、記憶力を維持する働きも報告されている成分です。中高年の皆様の健康のサポートになるものです。健康リスクや生活習慣にお悩みの方であれば是非じっくりとお読みいただきたいと思います。

さかな暮らしの公式サイトはこちら

さかな暮らし~配合量、コスパ、鮮度にこだわる機能性表示食品

「さかな暮らし」はEPA・DHAを豊富に含む機能性表示食品

マイケアから販売されている「さかな暮らしダブル」は、新鮮な青魚に多く含まれているEPA・DHAを主成分としたサプリメントです。

また消費者庁長官から表示の許可を得た機能性表示食品です。

機能性表示食品は、最近コンビニやスーパーなどにおいてもよく見かけるようになったと思います。健康に対する機能を持っている成分を含んでいる食品で、このさかな暮らしにおいても「記憶力を維持する」「中性脂肪を低下させる」という旨の表示が許可されています。

これらの健康に対する作用についてはもちろん科学的根拠が必要で、販売する企業が責任をもってその表示をしなければならないものです。許可なく健康に対する作用については表示することはできないのです。

そういう意味においては、消費者庁においても認められている成分を含んでいるわけですから、安心して召し上がることができるでしょう。

参考:消費者庁 機能性表示食品って何?

「記憶力」「中性脂肪」が気になる中高年にオススメ

さかな暮らしは、EPAやDHAの作用によって、記憶力を維持させることができ、中性脂肪を低下させる作用に優れています。

中高年になると、すぐに言葉に出てこないということが増えると思います。人と接する機会があってもすぐ名前が出てこなかったり、会社で作成した書類をどこに整理したのか忘れてしまったり、聞いていたことをすっかり忘れてしまったりということは少なくないと思います。

中高年でこのような症状が増えるのは、脳の神経の電気信号がスムーズに働かなくなっているためです。若い世代など通常である場合は、細胞の働きにも柔軟性があり、神経の電気信号もスムーズに働いています。DHAは、電気信号の働きをスムーズにさせる作用を持っています。

またDHAやEPAには、中性脂肪を低下させる働きにも優れています。

会社の健康診断や血液検査などにおいて、中性脂肪値が高いと診断された人も少なくないと思います。病院での検査が必要やメタボリックシンドロームと指摘された人もおられるでしょう。

DHAやEPAは、中性脂肪を体に蓄積させないようにサポートし、血液中の中性脂肪を減らすことができます。その作用により悪玉コレステロールを減らし、ドロドロの血をさらさらの血へと改善させる作用があるのです。

このような作用を実感してみたい中高年であれば、是非ともお飲みいただきたいサプリメントです。

さかな暮らしの成分からみた効果とは

EPAとDHAは配合量が大事~860㎎配合

いまEPAやDHAはテレビやメディアで取り上げられることも多く、とても注目されている成分であるといえるでしょう。そのためドラッグストアやコンビニなどでは多くのサプリメントが販売されています。どのサプリメントを選んでいいのかなかなか判断がつかないと思います。

EPAやDHAのサプリメントを選ぶ基準として大事なことは、「配合量が多い」ということです。

EPAやDHAは、新鮮なお魚に多く含まれている成分ですが、私たち日本人は魚を食べる機会がだんだんと少なくなっています。厚生労働省ではEPAとDHAの1日目安摂取量を1000mgと報告していますが、実際どの年代においても、この目安量に届いている世代はありません。

10代から20代の世代であれば、200mg程度に推移しており、30代から40代の世代においても400mgにも遠く及びません。比較的魚の摂取量が多いといわれる50代以上の世代においても、全く届いていない状況なのです。

そのような状況を判断すると、サプリメントでEPAとDHAを摂取する場合においては、配合量の多いものを選び、厚生労働省が推奨する1日1000mgを達成できるようにすることが望ましいといえます。

今回ご紹介しているさかな暮らしにおいては、EPAとDHAの量を860mg配合しています。この配合量を毎日摂取するのであれば、厚生労働省が推奨する目安量をどの年代においても達成することが可能なのです。

もちろん現在発売されているサプリメントの中では、トップレベルの配合量であるといえます。

参考:厚生労働省 脂質

EPA・DHAの本当の効果とは

EPAとDHAは近年注目されている成分ですのでご存知の方は多いと思いますが、どのような成分なのか詳しくは分からないと思います。

EPAは正式にはエイコサペンタエン酸といい、DHAはドコサヘキサエン酸といいます。N‐3系多価不飽和脂肪酸に属する必須脂肪酸の仲間です。

必須脂肪酸とは、私たちの体内に必要な脂肪酸のことを指しますが、私たちの体内で作られることがないので食品などによって摂取しなければなりません。そのため厚生労働省では1日1000mg摂取することを推奨しているのです。

グリーンランドに住んでいる原住民たちは、他の国々の人々と比べて、かなり多くのDHAとEPAを摂取していることが分かっています。原住民がよく食べるものの中にアザラシがありますが、アザラシは新鮮な魚をたくさん食べているために、自然にDHAとEPAを摂取することができているのです。

健康調査をしてみると、心疾患による死亡率がかなり低いことが分かっており、アザラシを摂取していることが理由であると考えられています。

この研究が始まった1960年当時はEPAにだけ注目されていましたが、現在はDHAと併用して摂取することで相乗効果が高まることが分かっています。

EPA・DHAは酸化すると効果なし

EPAとDHAのサプリメントを購入する際に注意すべき点は、酸化しないように工夫されているサプリメントを選ぶことです。

EPAとDHAは青魚に含まれている成分ですが、空気に触れてしまうことですぐに酸化してしまいます。そのため仮に魚の摂取量をかなり多くしたとしても、日本人は焼いたり煮たりして熱を通して食べますし、刺身であるとしてもとれたてというわけではありません。それでは酸化したEPAとDHAを摂取していることになります。

EPAとDHAは酸化してしまうとしっかりと体内に吸収させることができなくなってしまうのです。

さかな暮らしにおいては酸化防止のために、天然ビタミンEとクリルオイルを配合しています。

天然ビタミンEは抗酸化作用に優れており、EPAとDHAの酸化を防ぐ作用があります。

クリルオイルとは、南極に生息するオキアミから抽出することのできる赤い油のことをいいます。とても体にいいオイルで、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持っているといわれています。

さかな暮らしはこれらの成分の働きによって、いつでも新鮮なEPAとDHAを摂取することができますので、安心して購入いただきたいと思います。

さかな暮らしの副作用や品質

さかな暮らしの気になる副作用とは

さかな暮らしに含まれている成分はEPAやDHAを主成分として、クリルオイルやビタミンEを含んでいる、天然由来成分で作られたサプリメントです。

そのためそれほど副作用を気にすることはありません。

クリルオイルやビタミンEによって鮮度を保っていることもあり、新鮮な状態で摂取することができます。

さかな暮らしの1日の目安量は6粒となっています。早く効果を得たいといって多く飲むことや、飲み忘れた分を一度に飲んでしまうことは避けていただきたいと思います。

どれだけ天然のものであっても、飲み過ぎてしまうことで何らかの作用が起きてしまう可能性があります。必ず用量を守ってお飲みください。

また現在病気で治療中の人や妊娠中の人である場合、主治医や薬剤師に相談してから摂取するようにお願いいたします。

品質は~製造場所の「GMP認定工場」とは

さかな暮らしは、国内で獲れたいわしを主原料としてEPAとDHAを抽出しています。特定の魚には水銀や放射能などを含んでいるといわれることがありますが、そのような影響のない素材を活用していますので安心して摂取してください。

またこのサプリメントの製造については、日本国内のGMP認定工場にて製造されています。

GMP認定工場とは、一般社団法人日本健康食品規格協会が定める認定工場で、サプリメントの安全性や品質を確かなものにするために作られた規格に基づいた工場です。

品質管理においても行き届いているサプリメントですので安心できると思います。

参考:一般社団法人日本健康食品規格協会 GMPとは

さかな暮らしの最安値を徹底検証

アマゾンや楽天と比較した値段は

さかな暮らしを継続して摂取するために、様々な販売サイトから価格を調べました。

公式サイトにおいては、
通常価格(1袋/180粒入り 30日分目安)2800円(税抜 送料250円)のところ、
毎月お届けのトクトク便を購入する特別価格として、
10%オフの2520円(税抜 送料250円)で販売されています。
※2袋セットであれば、送料が無料になります。

さらに2回目以降も、
2520円(税抜)
で購入し続けることが可能です。

定期購入では一定期間購入しなければならないのかと、心配される方がおられますが、いつでも解約や日程の変更を行うことができますので、安心して購入することができます。

残念ながらアマゾンや楽天では販売されていませんでした。
お得な購入方法についてお伝えします。

【公式サイトで1回2袋ずつ2か月ごとに3回(6袋)購入した場合】
5040円(税抜)×3回=15120円(税抜)
※送料無料
※定期購入はいつでも解約が可能
※税込み総額は16028円
※実質1日あたり約89円

【公式サイトで1か月1袋を6か月定期購入した場合】
2520円(税抜)×6か月=15120円(税抜)
※送料250円(6か月で1500円)
※定期購入はいつでも解約が可能
※税込み、送料を含めた総額は17830円
※実質1日あたり約99円

【通常価格で購入した場合】
2800円(税抜)×6か月=16800円(税抜)
※送料250円(6か月で1500円)
※税込みでは18300円
※実質1日当たり約102円

比較してもお分かりのように、2袋セットで購入するのであれば送料が無料となり、とてもお得に購入できます。何か月か継続する予定で購入するのであればだんぜん2袋セットがオトクです。

試しに購入する場合でも、定期購入はいつでも解約することができますので、定期縛りなどを意識せずに購入するといいでしょう。

30日間全額返金保証

さかな暮らしを初めて購入する人を限定として、商品到着後30日間以内であれば全額返金保証がついています。

定期購入で購入していたとしても対象になりますので、とても安心して購入することができます。

定期購入では続けられるかどうか不安な方であっても、返金保証を活用すれば実質お試しとして購入することができますので、迷われている方は是非購入を検討していただきたいと思います。

ただし2袋セットで購入している人については、2袋目を開封してしまった場合は返金対象外になっていますのでご注意ください。

まとめ

さかな暮らしの効果や副作用についてお伝えしました。さかな暮らしにはとても豊富なEPAとDHAを含んでおり、記憶力の維持や中性脂肪を低下させるために大きなサポートとなるでしょう。

酸化させないためにクリルオイルや天然ビタミンEを配合していますし、新鮮な状態で成分を体内に摂り込むことができます。

またコストパフォーマンスについてもとても優れていて、定期購入するのであれば1日100円にも満たない金額で健康サポートに取り組むことができるのです。

消費者庁から許可を得た機能性表示食品ですし、また品質管理もかなり丁寧に行っていることがわかりましたので安心して摂取し続けてください。

薬ではなく天然由来の成分が含まれたサプリメントですので、少なくとも3ヶ月から6ヶ月は頑張って飲み続けていただくようにお願いいたします。きっと体質改善のサポートに繋がるでしょう。

さかな暮らしの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • A・E・Dクリルオイルの特徴は?他のサプリとの違い

  • 日清食品のDHA&EPA+ケルセチンの成分や効果、特徴など徹底検証

  • 森永製菓おいしい青汁の成分や効果、特徴など徹底検証

  • 大正DHA・EPAは効果はあるの?成分と副作用を徹底検証

  • 伊藤園の純国産野菜の口コミ検証!野菜不足を解消できるのか?

  • 三国の美酢はダイエットや自律神経失調症に効果あり?成分や副作用を確認