1. TOP
  2. 商品
  3. 大正DHA・EPAは効果はあるの?成分と副作用を徹底検証

大正DHA・EPAは効果はあるの?成分と副作用を徹底検証

 2018/07/01 商品   77 Views

中高年になると生活習慣や健康リスクに対してとても意識が高まるといえます。

会社の健康診断や血液検査などで指摘されたり、疲れが溜まって抜けないことが多くなったり、偏った食事を気にしたり、運動習慣がないようなことから、「もうそろそろ何か健康のためにしなくてはいけない」と思うようになるものです。

健康の基本は、毎日欠かすことのない食事です。バランスの良い食生活を続けていることで、健康的に過ごすことができるのです。

しかし多くの人は、偏った食事になっていることが多く、健康リスクは少しずつ高まっているのです。

特に血液検査で指摘される中性脂肪値については「サイレントキラー」との異名もあり、少しずつ血液中の中性脂肪が高まることによって、大きな病気を引き起こす引き金となってしまうことがあるのです。

食生活の偏りの原因は、魚の摂取が少なくなったことにあります。魚に多く含まれているDHAやEPAをしっかりと摂取していないと、血がドロドロになるといわれています。

ここではDHAやEPAのサポートとしてオススメできる大正DHA・EPAについて詳しくお伝えしていきます。

大正DHA・EPAの公式サイトはこちら

大正DHA・EPAとは

大正DHA・EPAとは~大正製薬が販売するサプリメント

大正DHA・EPAとは、創業100年以上の製薬会社の大正製薬が販売しているサプリメントです。大正製薬といえばリポビタンDが有名だと思います。中高年の人であれば、お世話になっている人も多いのではないでしょうか。

創業以来、健康に対する研究のなかで、様々な商品を販売されてきました。その研究成果の中で「大正DHA・EPA」も販売されたのです。

DHAやEPAは新鮮な魚に多く含まれている成分で、血をサラサラにする作用に優れているといわれています。

しかしわが国では、食生活が欧米化となり、魚の摂取量が年々減少傾向にあります。また反対に肉や揚げ物などの動物性脂肪の摂取量が増加傾向にあります。この食生活の変化は、血液をドロドロにし、中性脂肪値やコレステロール値を高めてしまう原因となっています。

私たちはもっと魚を摂取しなければなりませんが、そのような食生活に改善することはなかなか難しい状態ではないでしょうか。

大正DHA・EPAは、そのような食生活や健康リスクでお悩みの方にオススメできるサプリメントです。手軽にDHAやEPAの必要な量を摂取することができます。

魚不足、生活習慣、健康リスクの悩みに

みなさんは毎日どれぐらいの魚を食べているでしょうか。冒頭からお伝えしていますが、私たち日本人の魚の摂取量は年々減少傾向なのです。

仕事に忙しく外食が多いという人であれば、肉や唐揚げなど動物性脂肪を多く含んでいる食品をメインにして食べることが多いのではないでしょうか。

食生活が欧米化となり、豊かな社会となった反面、体内に中性脂肪やコレステロールをため込む原因となり、メタボリック症候群が社会現象となっています。

みなさんの中にも会社の健康診断などにおいて、メタボリック症候群と診断された方も少なくないのではないでしょうか。体重が増えて気になっている人も多いでしょう。

また運動不足も深刻です。食べた食事は毎日の運動で消費することによって健康を保つことができますが、運動不足でエネルギー消費が少なくなってしまうと、さらにどんどん中性脂肪を体内にため込んでしまうのです。結果血液はドロドロとなってしまいます。

健康の基本は食生活と運動習慣ですが、分かっていてもなかなか改善できないものです。

大正DHA・EPAは、これらの生活習慣や健康リスクの大きなサポートとなります。青魚に多く含まれているDHAやEPAを手軽に摂取することができますので、ぜひ活用していただきたいと思います。

大正DHA・EPAの成分からみた効果とは

DHA、EPAが業界トップレベル600㎎配合

近年私たちの食生活は欧米化に伴って魚の摂取量が激減し、魚に多く含まれているDHAやEPAの摂取量はどんどん減ってしまうことになりました。

厚生労働省では、生活習慣や健康リスクのために魚の摂取を推奨しています。DHAやEPAの一日の目安推奨摂取量は1000mgと発表しています。

しかしDHAやEPAの摂取量1000mgといってもどれぐらいの魚の量なのか、あまりピンとこないのではないでしょうか。

実はこの厚生労働省が発表している推奨量は、私たち日本人のどの年代においても達成していない数値であることが分かっています。

魚の摂取量が少ない10代から20代の世代であれば、1000mgには遠く及ばない200mg程度の摂取量となっています。30代から40代の世代であっても、400mg程度となっています。

比較的魚の摂取量が多いといわれる50代や60代であっても、700mgから800mg程度となっています。

大正DHA・EPAには、1日目安量に600mgのDHAとEPAが含まれていますが、実際の魚で摂取するには黒マグロの刺身であれば約400g、アジであれば食べる部分だけで90g必要です。

これだけの魚を毎日毎日摂り続けるということは到底不可能なことであるといえるでしょう。

大正DHA・EPAを摂取することで、食生活のサポートに繋がります。

参考:厚生労働省 脂質

DHA、EPAの驚くべき効果とは

厚生労働省が発表しているデータの中には、DHAとEPAを1日1000mg摂取することを推奨していますが、それらの理由として、血液中の中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管細胞の機能改善、血栓症(血が固まること)を予防することができると発表しています。

これら生活習慣病の予防のために、目標量を1000mgと設定しています。この数値について厚生労働省は、目標量であって下限量であるとしています。

DHAとEPAの効果について研究されだしたのは1960年頃で、グリーンランドに住んでいる原住民に対して行われたものでした。グリーンランドの原住民は他の国々の人たちと比べ、明らかに心疾患での死亡率が低いことから研究の対象になったのです。

そこで発見されたのがEPAでした。

グリーンランドの原住民は主食としてアザラシをよく食べますが、アザラシは新鮮な魚を多く摂取していることから、自然にEPAを摂取することができたのです。当時はまだEPAのみ研究の対象となっていましたが、近年DHAの存在が明らかとなり、EPAとDHAを同時に摂取することによってお互いの効果を高める作用があることが分かっています。

DHA、EPAは酸化すると効果なし?

DHAとEPAのデメリットとして、酸化しやすいということがいえます。

DHAとEPAが酸化するということは、魚の摂取においては劣化しているということになります。新鮮な間に摂取しないと、DHAとEPAをいい状態で体内に吸収させることができません。

魚を生のお刺身で摂取する場合においては、早く食べないとすぐに劣化してしまいますし、焼き魚や煮魚においても同様のことがいえます。調理したての魚が一番美味しいということはみなさんもご存知でしょう。

たとえサプリメントでDHAとEPAを摂取する場合においても、しっかりと効果を得たいのであれば酸化していない状態のものを摂取するようにしなければなりません。

大正DHA・EPAは酸化しにくいように、サプリメント一回分の摂取目安量ごとにアルミの小分けの袋で個別包装されています。またソフトカプセルに包んでいますので、新鮮な状態で体内に吸収させることができるのです。

大正DHA・EPAの気になる副作用と飲むタイミング

大正DHA・EPAの気になる副作用

大正DHA・EPAは、新鮮な魚に多く含まれている天然由来の成分DHA・EPAを主成分としたサプリメントですから、副作用を気にすることなく摂取することができます。

私たちの食生活の中で魚の摂取量が少なくなっていますので、1日の目安量を毎日摂取していくといいでしょう。

ただし飲み過ぎには注意していただくようにお願いします。

厚生労働省のデータによりますと、特に深刻な副作用など報告されていませんので、上限量については設定されてはいません。1800mgを摂り続けたとしても特に健康被害を受けたという結果を得ることはできませんでした。

海外においては摂取の目安量を、3000mgや5000mgと設定している国もあるほどです。

とはいえ、上限値については確かな研究データも少ないことから、早く効果を得たいとしても、飲み忘れがあったとしても、飲み過ぎることのないようにお願いします。

また現在病気の治療中の人や妊娠中の方の場合は、主治医や薬剤師に相談してから飲むようにしてください。

大正DHA・EPAの効果的な飲むタイミングとは

大正DHADPAを効果的に飲むにはどのタイミングで飲め飲めばいいのでしょうか。

サプリメントは食品ですので、特にどのタイミングに飲まなければならないというものはありません。

大事なことは忘れずに飲み続けることです。薬ではありませんから、一度飲んで劇的に状態が改善するというようなことは絶対にありません。

飲み続けていることで少しずつ体質の変化が現れ、効果を実感する人が多くおられます。一日一回目安量を確実に飲むようにしてください。

オススメの飲むタイミングは、食前や食後です。食事と同じタイミングで摂取することで、成分の吸収が高まるからです。どの食事のタイミングがいいということはありませんが、自分自身が忘れずに飲むことができる食事時がいいと思います。

会社の昼休みが一番忘れずに飲めるということであれば昼食時でいいですし、夕食後の落ちついた時間が一番飲みやすいということであればそのタイミングが良いでしょう。

大正DHA・EPAの最安値を調べてみた

大正DHA・EPAを継続して摂取するために、様々な販売サイトから価格を調べました。

公式サイトにおいては、
通常価格(1箱/5粒×30日分)4000円(税抜)のところ、
毎月お届けの納得定期コースにて購入する特別価格として、
初回限定 980円(税抜)で販売されています。

さらに2回目以降も、
10%オフ 3600円(税抜)
で購入し続けることが可能です。

定期購入は一定期間購入し続けないことを心配される方がおられますが、いつでも解約や日程の変更を行うことができますので、安心して購入することができます。

アマゾンや楽天でも販売されていましたので価格の比較をしたいと思います。
お得な購入方法についてお伝えします。

【公式サイトの定期お届けコースで3か月購入した場合】
初回980円(税抜)+2回目3600円(税抜)+3回目3600円(税抜)=8180円(税抜)
※送料無料
※定期購入はいつでも解約が可能
※税込み総額は8834円
※実質1日あたり約98円

【公式サイトで通常価格で購入した場合】
4000円(税抜)×3か月=12000円(税抜)
※送料無料
※税込み総額は12960円
※実質1日あたり約144円

【アマゾンで購入した場合】
2600円(税込)×3か月=7800円(税込)
※送料無料
※実質1日当たり約87円

【楽天で購入した場合】
4320円(税込)×3か月=12960円(税込)
※送料無料
※実質1日当たり約144円

比較してお分かりのように、3か月購入するならアマゾンでの購入が最安値となっています。しかし公式サイトの定期お届けコースで購入することをオススメします。その理由は次の通りです。

それでも公式サイトの定期お届けコースでの購入がお得である理由

3か月での価格を比較すると若干ですがアマゾンが安いことが分かりました。しかしそれでも公式サイトからの購入をオススメする理由は次の通りです。

【初回価格が圧倒的に安い980円(税抜)】

まずは安い価格で始めることが安心ではないでしょうか。続けられるのか、飲みにくさはないのかと不安な要素もあると思います。初回が980円と圧倒的に安い価格で提供しているのは公式サイトの定期お届けコースです。

【定期購入なのにいつでも解約可能】

定期購入だと続けないといけないと考える人も多いと思いますが、次回お届け予定日の10日前までに連絡するだけで解約することが可能です。初回の980円のみで解約することも可能なのです。

【大正製薬の健康情報冊子が毎月もらえる】

大正製薬の健康情報が冊子で毎月送られてきます。専門医からのアドバイスなど、読みごたえがあると評判の冊子です。健康の意識が高まるきっかけとなるでしょう。

【特別な優待やプレゼントも】

継続する期間に応じて、すてきなプレゼントや特別な優待企画などが用意されています。継続して飲もうという気持ちにもなるでしょう。また大正製薬の健康チェッカーなど割引価格で購入することができます。

まとめ

大正DHA・EPAの効果についてまとめてみました。大正DHA・EPAは、新鮮な魚に多く含まれているDHAやEPAを多く含んでいるサプリメントです。魚の摂取量が減っている現代人にとって、生活習慣や健康リスクに対しての大きなサポートとなるでしょう。

公式サイトにおいて定期購入すれば、割引価格で購入できるだけでなく大正製薬の健康情報や、様々な特典を受けることもできます。上手に活用して健康意識を高めながら、摂取し続けてはどうでしょうか。

大正DHA・EPAの公式サイトはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ヘルスオイルは高コレステロール血症の改善と動脈硬化症予防に効く

  • わかめペプチド粒タイプの成分や効果、特徴など徹底検証

  • ヘルケアの成分の正体は何?副作用や効果を調査

  • 年齢ペプチドとは?年齢ペプチドの効果と副作用

  • DHA・EPAサプリ「きなり」の成分や効果、購入方法など徹底検証!

  • トクホの豆乳「ハイ!調製豆乳」の成分や効果、特徴など徹底検証