1. TOP
  2. 血液サラサラにするレシピ
  3. 酢生姜の7大効能とは?酢生姜の作り方レシピも公開

酢生姜の7大効能とは?酢生姜の作り方レシピも公開

血液サラサラにするレシピ   13,669 Views

体に良い食材として今注目を集めている「酢生姜」は、お酢と生姜の両方の健康効果が得られる酢生姜を毎日食べることで、血管年齢が若返り健康効果が得られると話題になっています。また、血圧を下げたり美肌への効果もあるようです。

これだけ話題の酢生姜!
私も気になり試してみたくなったので、酢生姜にはどんな効能があるのか?味はどうなのか?作り方など、調べてみました。

Sponsored Link

酢生姜の7大効能

  1. 血液サラサラ
  2. 疲労回復
  3. 便秘予防・改善
  4. 美肌・アンチエイジング
  5. ダイエット効果
  6. 骨粗しょう症の予防
  7. 糖尿病予防

酢生姜には、こんなにもの効果があるのですね。

①血液サラサラ効果

お酢に含まれる「クエン酸」や「アミノ酸」が、ドロドロの状態を血液サラサラに整えてくれます。生姜の辛味成分「ジンゲロール」が、縮こまっていた血管を開いて血流を促します。これにより、サラサラの血液が体中を巡り血液の流れがよくなります。

血液の流れが良くなることで、高血圧予防にも効果があります。高血圧の症状からくる、頭痛・めまい・動悸・腰痛などの症状も暖和します。また、血管がつまりにくくなるので、動脈硬化予防にも効果的!

②疲労回復

お酢に含まれる「クエン酸」は疲労回復効果を助けてくれます。生姜には、免疫細胞を増やす働きあるので、免疫力がつき疲れにくいからだを得ることができます。また、クエン酸は糖質やビタミンB群を同時に摂取することで、その効果をより高めてくれます。

酢生姜のレシピ

ショウガ 1袋
酢    200ml
ハチミツ 大さじ1

酢生姜の作り方

①生姜はよく洗い、キッチンペーパーなどでシッカリと汚れを拭きとり、皮を残したまま薄切りにする。


②薄切りにした生姜を器に入れる

③生姜がひたひたになるまで酢を入れる。

④ハチミツを加える。

⑤冷蔵庫で一晩浸けたら出来上がり!


⑥細かく刻み、みじん切りにして作った酢生姜は、煮物や炒め物など幅広い用途で使うことができます。

酢生姜の保存方法と保存期間

保存方法:密封できる容器に入れ冷蔵庫で保存
消費期限:冷蔵庫で10日~2週間

食べる量の目安は?

1日30g(小皿1杯分程度)の量を毎日摂るのがポイント!
液汁と漬けたしょうがの両方を摂ると、よりその効果を実感できるのでオススメ。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

血管年齢を下げる方法とは?血管年齢若返り対策ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 玉ねぎの皮茶の作り方

  • 酢玉ねぎの効果と作り方!アレンジレシピも紹介