血管若返りにはサプリの摂取が有効

MENU

おすすめサプリランキング

 

きなり

きなりの特徴

  • DHA・EPA500mg高配合
  • 世界が注目の新素材クリルオイル
  • ナットウキナーゼ
  • 特殊製法により魚臭さがしない
  • 2年連続モンドセレクション最高金賞受賞

価格 初回1,980円
備考 1袋120粒入り(1日4粒目安で約1か月分)
評価 評価5
きなりの総評

「きなり」は累計販売46万袋以上という実績を持つサプリメントで、2015年・2016年の2年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞しています。

このサプリメーカーでは日本古来の健康習慣を取り戻すため、他の類似品にはない日本一のDHA・EPAサプリを開発しました。

メーカーが先ず最初にこだわったことが、結果と実感が得られるサプリであることです。そのためには、DHA・EPAを高濃度で配合させることが大切と考え、4粒で500mg分が摂取できるようにしたのです。

DHA・EPAを配合したサプリメントは他にも多く販売されていますが、それらは多くても4粒あたり300mg程度で、中には4粒飲んでも125mgしか摂取できない商品もあります。

DHA・EPAは、ただ多く配合されていれば良いわけではありません。これらオメガ3は、脂肪酸の中で最も酸化しやすいとされています。そのため、本来の効果を得るためには酸化させることなくそのまま吸収することが求められます。

メーカーでは、これまでの開発において何百種類にも及ぶ成分を研究し、これまでの魚油とは全く異なるオイルを見つけ出しました。それがクリルオイルです。

クリルオイルとは、南極に生息するオキアミから抽出される真っ赤なオイルで、一般的な魚油とは違い、酸化しにくく新鮮さを維持しやすい形状となっています。それでいてDHA・EPAが豊富でそれらが持つ本来の力を損なうことがない、素晴らしいオイルなのです。

クリルオイルの赤い色素は、アスタキサンチンと呼ばれるカルテロイドの一種によるものです。このアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があることが分かっており、その効果は同じ抗酸化作用を持つビタミンEの1000倍と言われています。

これにより、繊細なDHA・EPAを傷付けることなくそのままの状態を保つことができるのです。このサプリにはクリルオイルのDHA・EPAのほか、納豆に含まれる血液サラサラ成分のナットキナーゼも豊富に含まれおり、このW効果で血管年齢を下げる効果が期待できるのです。

 

DHA&EPAオメガプラス

DHA&EPAオメガプラスの特徴

  • 亜麻仁油を120mg配合
  • クリルオイル15mg
  • 深海鮫肝油
  • オリーブスクワレン

価格 1,851円
備考 120粒で1日4〜6粒で20〜30日分
評価 評価4
DHA&EPAオメガプラスの総評

DHA&EPAオメガプラスは亜麻仁油を配合したDHA・EPAサプリメントで、100gあたりのオメガ3系脂肪酸の量は738mgの高配合となっています。

亜麻仁油は、亜麻の種子から抽出した油で動脈硬化や高血圧、心疾患などを予防するオメガ3系脂肪酸の一種「α-リノレン酸」が豊富に含まれています。 その量はオリーブオイルの50倍以上とも言われています。さらに亜麻仁油には、リグナンと呼ばれるポリフェノールの一種も含まれており、抗酸化作用や抗炎症作用などがあります。

また、DHA・EPAを豊富に含むクリルオイルには、アスタキサンチンと呼ばれる赤い色素が含まれています。この色素は、デリケートなDHA・EPAを保護する働きをしているため、酸化することなくそのままの状態で摂取することができます。

DHA&EPAオメガプラスには、クリルオイルのアスタキサンチンの他に、ヘマトコッカス藻のアスタキサンチン色素も含まれているので、その抗酸化作用は他のサプリよりも高くなっています。そんなDHA&EPAオメガプラスは、1日4粒〜6粒を目安に飲むことで必要な摂取量の半分以上を補うことができます。

 

血管若返りにはサプリの摂取が有効

定期検診や人間ドックや生活習慣病予防検診などで中性脂肪や悪玉コレステロールなどの脂質の数値や血糖値や血圧が高いという診断を受けたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

 

その状態をそのまま放置してしまうと、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を発症させるリスクが高くなってしまいます。糖尿病になれば、糖質を控えた食生活を送りながらインスリンで血糖値のコントロールをし続けなければならなくなります。

 

合併症のリスクもあります。高脂血症の症状に高血圧の症状が加われば動脈硬化となり、動脈硬化の症状が進めば心筋梗塞や狭心症などの心臓病や脳出血や脳梗塞などの脳卒中を発症させる原因にもなります。

 

心臓病や脳卒中はある日突然症状があらわれて最悪の場合は死に至るケースもある重大な病気です。記憶障害や意識障害や手足の麻痺や言語障害などの後遺症が残ってしまう危険もあります。生活習慣病が引き起こされる原因は、文字通り生活習慣にあります。健康的で規則正しい生活習慣を身につけるということが重要になります。

 

食生活の乱れによる栄養の偏り、喫煙、過剰な飲酒、運動不足、睡眠不足、ストレスや疲労の蓄積、不規則な生活リズムなどの不摂生な生活習慣こそが生活習慣病の大敵となります。不摂生な生活習慣の積み重ねが血管年齢を上げてしまい、中性脂肪や悪玉コレステロールや血糖値や血圧の上昇につながってしまいます。

 

生活習慣病のリスクは加齢に伴いどんどん高くなっていきますので、早めに対策を講じて早めに改善や予防に努めて血管若返りに導くことが重要なポイントとなります。

 

血液を若返らせる方法

具体的な方法についてですが、食生活の改善、適度な運動、良質な睡眠、規則正しい生活リズムなどを意識した健康的な生活を心がけることが基本となります。

 

食生活において注意すべきことは、糖質や脂質や塩分を摂り過ぎないということです。つまり、甘いものや炭水化物や油っこい食事や味の濃い食事をなるべく控えるということです。

 

野菜、果物、大豆製品、卵、乳製品、海藻類、魚介類、肉類などの様々な種類の食材を満遍なく食べて、ビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維などの栄養素をバランス良く摂取するということが重要になります。

 

食事をするときの食べる順番を工夫することも大切です。最初に食物繊維を豊富に含む野菜や果物や大豆製品などを食べることで、その次に食べる食べ物に含まれる糖質や脂質の吸収を抑えることができるからです。

 

血液を若返らせるために摂取したい栄養素を紹介します。

 

積極的に摂取すべき栄養素
  • 脂質の代謝を促す働きがあるビタミンB群
  • 悪玉コレステロールや中性脂肪や血圧を下げる働きがあるDHAやEPA
  • 抗酸化作用により加齢に伴い増加する活性酸素を除去する働きがあるビタミンCやビタミンEやコエンザイムQ10やアスタキサンチンやαリポ酸
  • 利尿作用により塩分の過剰摂取により体がナトリウム過多になるのを防ぐ働きがあるカリウム
  • 脂質の吸収を抑える効果があるキトサン
  • 糖質の吸収を抑える効果があるギムネマ

 

これらの栄養素は食材から摂取することも可能ですが、コンスタントに摂取し続けるとなると物理的にも経済的にも困難です。

 

継続しやすいサプリによる栄養素の摂取

 

そこでおすすめなのが、毎日の健康習慣として手軽に無理なく生活の中に取り入れることができるサプリの摂取です。

 

これらの栄養素が配合されているサプリを積極的に摂取することで効果的かつ効率的に血管若返りに結び付けることができます。生活習慣病の予防に大きく役立てることができます。

 

このようなサプリは薬局、ドラッグストア、スーパー、通販サイトなどで手軽に購入することができますので、積極的に生活に取り入れてみましょう。ドリンクタイプ、カプセルタイプ、タブレットタイプ、パウダータイプ、ゼリータイプなど様々なメーカーから様々なタイプのものが市販されているので、自分の生活スタイルに合ったものを選んで摂取しましょう。

 

栄養素の吸収を高めるためには良質な睡眠も必要不可欠です。早めの就寝を心がけて睡眠時間をしっかりと確保しましょう。代謝アップや血行促進のための適度な運動も大切ですので習慣づけましょう。

 

肥満も生活習慣病の大きな原因となりますので、筋トレやストレッチや体操やウォーキングなどの運動を生活の中に取り入れて意識的に体を動かしましょう。ウォーキングは有酸素運動なので脂肪燃焼効果が期待できます。

 

運動前にアミノ酸を摂取することで脂肪燃焼効果を高めることができますので積極的に取り入れましょう。運動をする30分前に摂取するのがベストです。疲労やストレスをため込まないようにするということも大切ですし、お酒を控えたり禁煙をするということも生活習慣病予防のためにはとても重要になります。

 

自分の健康状態や脂質の数値や血糖値を常に把握しておくということも大切ですので、定期的に検査を受けるようにしましょう。血圧は自宅でも測定可能ですので積極的に行いましょう。きちんとした対策に努めて生活習慣病に負けない健やかで強い体づくりをしていきましょう。